トップページ | 2005年5月 »

2005年4月30日 (土)

LANケーブルの結線ミス

 先日、LANの工事に行きました。2FにNTT回線が来ていて、以前ISDNでインターネットをしていた時はダイアルアップルーターで1F・2F・3F全部でインターネットができていたのに、Yahoo!BBに入ってからはADSLモデムに直接接続したパソコン以外、LANケーブルを接続してもインターネットに接続出来なくなったらしいです。以前のように1F・2F・3F全部でインターネットに接続したいということですね・・・。

 無線は必要ないということだったので、自分が使用しているのと同じ有線ルーター(バッファローBBR-4HG)を持っていき、まずは、ADSLモデムにルーターを接続してみました。すると、確かにそこに置いてあるパソコンはルーター経由でもインターネットに接続できました。

 次に同じ2Fの離れた所に置いてあるパソコンですが、ISDN時代に使っていたLANケーブルがあったので接続してみました。ところが、ルーターのランプは点灯するにはしたのですが、IPアドレスがルーターのDHCP機能で割り当てられません。ルーターのランプを見ると、100Mbps接続表示になったり10Mbps接続表示になったり切断表示になったりとぐるぐる回ってます。

 こりゃLANケーブルに問題があると思い、ケーブルの色を見てみましたが、そのケーブル、白青とか白緑の色つき部分が線になってなくて点でしかなく、白青白緑の区別が全然つきません。それでも、じっくりと両端を吟味してみると、どうやらペアになっているのは1-2・3-4・5-6・7-8となっているようだったので、ばっさり切ってRJ45コネクタを1-2・3-6・4-5・7-8がペアになるように正しく繋ぎなおしてみました。

 結局、原因はこれで、ISDNの64kbpsぐらいでは周波数が低いので間違ったペアにしても影響を受けなかったのが、100Mbpsになると影響モロ受けでリンクが確立しないということでした。それにしても、ケーブルはカテゴリ5Eを使っているのにRJ45コネクタはこの接続、いったいどこがこんな工事やったんだろう・・・。

 ちなみに、ADSLモデムの近くのパソコンだけ接続できたわけは、そこのLANケーブルだけが工事の人が結線したのではない、できあいのものだったからです・・・^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

UPS(無停電電源)と自作パソコン

 先日、新しいUPSを購入しました。今回はラインインタラクティブ方式のUPSを選び、出力電圧を115Vにして使っていますが、そのお陰でか、自作パソコンの調子がすこぶるいいような気がします(気のせいかも?^^;)

 UPSは給電方式によって「常時商用給電」「ラインインタラクティブ」「常時インバータ給電」の3つがあるんですが、8年ほど前、私が初めてUPSを購入した時には、常時商用方式以外はとても高価で、趣味で買えるような値段ではありませんでした。そこで、その時は常時商用を購入しました。ところが、パソコン4台(そのうち2台は常時稼動)とCRT他周辺機器を750VAのUPSに繋ぐと、時々、停電でなくても容量オーバーの警告が出るようになり、新しいUPSを追加することにしたわけです。

 そこで、最近のUPSの価格を調べてみると常時インバータ方式はまだ高価ですが、ラインインタラクティブ方式結構安くて、115Vへの変圧出力もできるというのでこの方式に決めました。というのは、パソコンを組んだことのある方ならご存知の通り、パソコンで使う電源はほとんどが定格115Vの入力に日本の商用電圧100Vを加えています。つまり、常に電圧低下した状態で使用しているのです。しかも、他の機器などの影響があったりしてさらに下がる可能性もあります。そうなると、パソコンの動作がおかしくなるかもしれないことは容易に想像できますね・・・。

 念のために、115Vじゃない機器、例えばCRT・光回線終端装置・ルーター・HUBなどは古い方のUPSに接続しました。100V機器に115Vをかけるのはさすがに怖すぎですから・・・。

 ちなみに、今回購入したUPSはオムロンBN140XSです。ラインインタラクティブ方式で、バッテリー寿命が5年で、バッテリーのユーザー交換が可能で、しかも実売価格が安かったということでこの機種にしました。

 新UPSを購入してから後は、それに繋いでいるパソコンのトラブルは皆無です。もちろん、容量が大きくなったことも原因としてあるとは思いますが、115V切り替えも非常に効果があると感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月29日 (金)

HDD内蔵DVDレコーダー

 前々から疑問に思っているんだけど、なぜ、HDD内蔵DVDレコーダーで、VHSも内蔵された機種がよく売れているんだろう?HDDとDVDが使えれば、ビデオテープは使わなくなるだろうし、VHSまでも付いたことによる操作性の悪さは半端じゃないです。特に、HDD(またはDVD)とビデオテープに同時に違うチャンネルの録画ができますっていう、あの機能はもう最悪ですよ。ライン1に切り替えてビデオムービーからHDDに録画したつもりが、VHS側のチャンネルをライン1にしていたらしく、見てみると関係ないテレビの番組が録画されていたとかそんな話が目白押しです。

 後ろの端子もどうにもなりません。D端子にはVHSの出力は出ないし、かといって、ピンコード(またはS映像ケーブル)の共通出力に接続するとVHS以外の画質が悪いということで、両方接続することになるでしょうけど・・・そうなると、結局、HDD+DVDとVHSとで別々のデッキにしたほうが便利だし、間違いも少ないし、操作も簡単になるし、価格も安いですね・・・。相互ダビングを実現する時に、もしビデオデッキのビデオ出力が1系統しかない時はDVDレコーダーを通してVHSを見るか、都度ケーブルを繋ぎなおす必要はあるけど、それでも、一緒になっているよりは格段に便利でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GNUとは何の略か?

 下の記事で『GNU』という言葉がでてきたので、ず~っと以前から疑問に思っていることを書きます。この、GNUというのが何の略かというと「GNU is Not Unix」(または「GNU's Not Unix」)の頭文字 ということは、ぐぐってみるまでもなくよく耳にしますが、これって変じゃないですか?なぜ、GNUという言葉の省略前の形式にGNUという言葉が入っているんでしょう。するってぇとなんですか?

 

GNU は「GNU is Not Unix」の略

GNU は「GNU is Not Unix is Not Unix」の略

GNU は「GNU is Not Unix is Not Unix is Not Unix」の略

GNU は「GNU is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix」の略

GNU は「GNU is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix」の略

GNU は「GNU is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix」の略

GNU は「GNU is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix」の略

       (以下略^^;)

 

 このように、無限に続いてしまいますね。C 言語で再帰呼び出ししたならスタックオーバーフローしてしまいますし、文字列として展開したらメモリを食いつぶしてしまいますね・・・。まぁ単なる言葉の遊びってことでしょうかね?

 

 あと、もう1つ重大な疑問があります。

 

GNUの最初のGってGに限らず何でもいいんじゃないの?

 

 つまり、なぜ、ANU(「ANU is Not Unix」)とかBNU(「BNU is Not Unix」)とかZNU(「ZNU is Not Unix」)じゃなくてGNUなのかということです。発音が関係あるのでしょうか?というのもヌーという動物がいますが、動物のヌーはgnuでヌーとgを発音しないのに対し、GNU is Not UnixのGNUはグヌーまたはグニューとGを発音するらしいのです。そこにカギがあるようなないような?ってか、もっと単純にGPL(General Public License)のGをとってきているってだけかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

無料のCを探せ!

 さて、FF11やる気がなくなって、プログラミングということになったわけですが、まず悩んだのは C か C++ かということでした。というのは、昔、C では結構プログラミングしていたのですが、C++ で挫折したせいで折角購入した VC++ (Ver2だったかな?) を使わないまま眠らせた前科があったからです。幸い、参考にさせていただく有名サイト『猫でもわかるプログラミング』『WisdomSoft』は共に C で解説されてますので、C を使うことにしました。

 ただし、手元の VC++ は古いバージョンでもう使い物にならないだろうし、新たに今購入するのももったいないです。というのも、近いうちにVisual Studio 2005が出るらしいのですが、これのExpress Editionsが非常に安く提供されそうだからです。それを購入するかどうかは発売されてから考えることとして、とりあえず今は、無料の開発環境から選んで使ってみることにしました。

 次に決める必要があるのは、どのコンパイラを選ぶかということです。無料のコンパイラとしてまず思い浮かぶのは、Borland C++ Compiler 5.5 (BCC5.5)でしょう。これと、マイクロソフトがコンパイラのみを無償公開したMicrosoft Visual C++ Toolkit 2003、C のみというところが潔いlcc-win32の3つの中から選ぶことにします。GNU系のコンパイラでMinGWCygwinというのもありますが、GCCではアセンブルリストの表記がインテル形式と異なるのが嫌な感じで外しました。

 開発環境(IDE)の点で考えると、IDEが最初から付いているlcc-win32がベスト、次いでフリーのIDEの多さからBCC5.5が次点、Toolkit 2003は対応するIDEがほとんどない状況です。インラインアセンブラは、Toolkit 2003のみ対応ですが、インラインアセンブラがなくても、MASM32で別にアセンブルしておいてリンクすれば使用可能です。ですが、これらよりも最も重要な点は、後にVisual Studio 2005を導入したらそのままソースファイルが使えるかということだと考え、同じマイクロソフトのToolkit 2003を選ぶことにしました。

 そうなると、上に書いたように、IDEがほとんどないということになりますが、検索していて、とても参考になるサイトを見つけました。それは、「すっきり!!デフラグ」非公式ヘルプのページです。このサイトはWindows XP/2000の起動トラブルへの対処方法なども出ており、必見のサイトだと思いますが、ここのC/C++プログラムのお勉強の8番Reloを使ってみるです。3番Visual C++ Toolkit 2003 での環境構築もToolkit 2003とライブラリを導入する上で非常に参考になります。

 と、ここまで書いたところで、確認のためにReloのサイトへ行ってみたら、今までバージョンが0.9.9 だったのが1.0 になっている!すごい偶然だ~。そういえば、このバージョンの数字で思い出したけど、私のお気に入りのアンチウイルスソフトNOD32のウイルス定義ファイルのバージョンなんだけど、この前、1.999 になったから、次は2.000 だ~と思っていたら、翌日、更新されて表示されたバージョンは、1.1000 でした・・・orz

 数字が減ったではないか~~~。

もしかして「いち点きゅうひゃくきゅうじゅうきゅう」⇒「いち点せん」なのか・・・。

ちなみに、それでいくと今は「いち点せんはちじゅうさん」です・・・^^;

 おっと、話が脱線してしまったけど、これで開発環境は一応整ったぞと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツバメの巣

 この前、新築したばかりのうちの建物にツバメが巣を作って卵を温めています。以前は向かいの建物に巣があったのですが、そちらが現在建て直し中で巣がなくなったのでうちに作ったみたいです。巣ができてからしばらくは昼間全くいなかったのが、よく巣にいるようになったので、ちょっと留守の時に覗いてみたら卵が5つ並んでいました。いろいろなサイトで調べてみると孵化には2~3週間程度かかるようですね。楽しみです。

 ただ、近所には野良猫が多く、数日前の夕方も2羽でやけに鳴いていると思ったら、巣の近くで猫が座っていました。こわいですね~。それからは、やけに鳴く時はチェックに行ってますが、諦めたのかその後は猫が狙っていたことはないみたいです。サイトに書いていた猫以外の天敵のカラスヘビはここら辺には余りいませんが、孵化したらスズメヒナをいぢめることがあるので注意が必要らしいですね・・・。

 あ、このページの右上にも黒猫が・・・^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月28日 (木)

映画『感染』と『予言』

 Jホラーシアター第一弾の『感染』『予言』のDVDを見ました。感染・・・じゃない、感想を書いてみようと思います。ネタばれを多分に含みますので、まだ見てない人は読まない方がいいですよ・・・。

お勧め度 『感染』★☆☆☆☆ 『予言』★★★★☆

 

******* この先ネタばれ注意報発令中! *******

 

 まず、『感染』は『踊る大捜査線』(公式サイト http://www.odoru.com/ が開かないのはなぜだろう?)などの脚本で有名な君塚良一が原案ということで、ちょっと期待したのですが正直言って2度と見る気のしない作品でした。途中何度も見るのをやめようかと思ったほどです。いや、怖いからとかじゃなくて、雰囲気が嫌で・・・。最初の方も、ひょっとして全員精神病患者で、精神病患者が医者と患者にわかれて白い巨塔ごっこでもやっているのかと思ったほどです。

 一応、血の色がからに変換(?)されていたのでどぎつさは減っていますが、明らかにホラー映画というよりはスプラッター映画でした。それと、痛々しいシーンが多かったのもきついです。この2つで、怖いというよりはただ単に気持ち悪く、生理的に受け付けがたい映画になってしまったと思います。こんなのがJホラーなんですか!と言いたい。ハリウッドでリメーク?やめておいてください・・・^^;

 最初から意味深に登場した救急患者も、結局は感染現象とは無関係だったようですね。そもそも、どこまでが現実だったのか、どこからが感染による幻想なのか判らないし、謎も解決しないのでどうにもすっきりしない。私の大好きなテリー・ギリアムの映画『未来世紀ブラジル』のラストのように、そこの区別をきちんとつけて欲しかった。

 

 『予言』はかの有名なつのだじろうの恐怖漫画『恐怖新聞』原作の作品ですが、こちらはかなり面白かったです。どうしても『感染』と比べてしまいますが、『感染』が拷問を受けているような感じで「もういいからやめてくれ」と思ってしまうのに対し、『予言』はこれからどうなるのか物語の続きが見たくなるという点で決定的に違っています。

 映画の最初に、『リング』志津子(貞子の母親)のモデルとなり、TV版『トリック』のオープニングでも紹介された超能力者「御船 千鶴子」のエピソードが出てきますが、明らかに『リング』的な演出が随所に見られます。音楽も同じ川井憲次が担当してますから、なおさら、雰囲気が似ています。実は私はホラーは今でも余り好きではないのですが、『リング』を見て「こういう怖面白いというのもありかな」と感じて見るようになった口ですから、『予言』はツボに入っているわけですね。

 ところで、アコムのお姉さん、CMの時とは雰囲気が違っていましたが、結構タイプでして(*^^*)、顔を穴が開くほどに見ていたら、本当に穴が開いてしまいますたね・・・^^; それにしても、単なる偶然ですが、この映画を見た翌日に例の事故が起きたのには映画以上に驚きました。

 ラストについては、予想できる通りで納得できます。ただ、あんなに何度も同じ問題(?)を出題されて、しかも何回失敗してもやりなおしができるなら、遅かれ早かれ誰でも正解は判ると思います。いや、むしろ、自分も含めて全員が助かる答えが見つからないか、もっとトライしてみてもよかったかもしれませんね・・・。

 あの結末だと主人公は満足できますが、妻と娘は単に夫が娘を助けて事故死したという結果しか残りませんよね。いっそのこと、あの日、車で出発するのを取りやめにしていたら・・・やはり、家族のいる所どんなところでも例のトラックが突っ込んできて新聞に出るのかな?^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月27日 (水)

POPFile導入してみました(その2)

 昨日導入したPOPFileですが、1台のパソコンで走らせて、他のパソコンで受信しているメールも全部そこを通るようにしました。これでタコエサの心配はなさそうです。めでたしめでたし。

 ちなみに、バケツを4つ作ってやっていますが、現時点で62通のメールのうち13通のメールが間違えて振り分けられたので、正しいバケツに移しました。といっても、この13通は導入最初の時点でのメールがほとんどで、最後の方のメールはほとんどが正しく振り分けられるようになっています。う~ん、なかなか賢いタコだ・・・。

 それで、改めて振り分けられたメールを見ると、spamメールとメールマガジンが共に約45%ということで、メールマガジンも来すぎです・・・。懸賞に応募する時、必ずといっていいほどメールマガジン購読のボタンがあるよね?あれのチェック外すと当選しないような気がして、昔、懸賞に応募するためだけに登録したメールマガジンが結構あるんですよ。最近は平気でメールマガジン購読のチェック外してますけど、どちらにせよ当たらないじゃん・・・^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月26日 (火)

POPFile導入してみました

 最近、spam(迷惑)メールの数が半端じゃなくなってきました。まだ数が少ない最初のうちは、とりあえず読んでみて削除していましたが、これほど増えると削除するのも面倒だし、spamメールの山に埋もれた重要なメールを見落としたりするので、spamメールフィルターを導入することにしました。導入に当たっては『spamに負けないためのフィルタ導入』を参考にして『POPFile』をインストールしました。このソフト、最初のうちは自動でメールの振り分けができなくて、エサを喰わせているうちに学習していくわけなんですが、こんな時に限ってメールが来ない・・・。自分で自分にエサメールを送るのは、学習の妨げになるらしいし・・・。これじゃ、タスクトレイの中にいるタコが餓死してしまいますよ。まぁ、気長にやるしかないか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月25日 (月)

DivXビデオ再生対応DVDプレーヤー

 今までは、パソコン周辺機器メーカーからしか発売されていなかった、DivXビデオ再生に対応したDVDプレーヤーがパイオニアから出るそうですね。でも、新製品の仕様をよく見ると、WMV9に対応していない!ということは、入っているのはシグマデザイン古いチップみたいですね。さらに、チップガイドを見れば判るように、WMV9に対応していないチップは、H.264にも対応していないってことになります。う~ん、これだと、新しいチップを使っているIOデータの製品バッファローの製品の方がいいような気がします・・・。ていうか、大画面でいろいろなビデオ形式を見ようとすれば、パソコンダウンスキャンコンバータ大画面テレビが最強かと思いますが・・・。プラズマテレビや液晶テレビだとパソコン入力が付いているのもあるけど、制約も多くいまいちですね。それとも、富士通の新型PCとか?・・・^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月23日 (土)

ウイルスバスター

 今日のウイルスバスターの不具合、なんともお粗末なことですな。定義ファイルを公開する前に充分チェックしているのかね?

 不具合の内容は『コンピュータの動作が著しく遅くなります』ってことらしいけど、そもそもウィルスバスターをインストールした時点で、すでにコンピュータの動作がかなり遅くなっているわけですね。ノートンも同じだけど。

 それにひきかえ、私のお気に入りのNOD32はインストールしてもコンピュータの動作はほとんど遅くならないですよ。もちろん、WindowsXPのSP2でもちゃんと認識されます。欠点(?)といえば、日本では余り有名でないことと、ID・パスワードを取得するのに何度かメールのやり取りが必要で面倒だってことだけです。

 この件で思い出したのが、昔『ハイドライド3』というゲームで、敵を倒した後で歩く速度が著しく遅くなって、ふと持ち物見ると「つけもの石」という重いアイテムを持っていたりしたよね。さきほど倒した敵が落としたらしいけど、何でも拾うな!って言いたい・・・。まぁ、勝手に他人の家へ不法侵入して、引出しやクローゼットを物色して中の物を盗んでいくという、某有名RPGもあるけどね・・・^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月15日 (金)

ぶろぐらみんぐ

 ずっとFF11でまた~りと釣りばっかりやってきましたが、2月のバージョンアップで釣りが格闘仕様になってしまい非常に疲れるので、思いっきりやる気が失せてしまいました。ま~、それでも、アカウント・キャラは1つたりとも消すことができませんでしたが・・・。

 で、何をしようということで、数年ぶりにプログラミングでもということになりました。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年5月 »