« POPFile導入してみました(その3) | トップページ | 熱血HDD大丈夫か? »

2005年5月 7日 (土)

トルネコの大冒険3(その2)

 いまさらながらのトルネコ3ですけど、あの石像はなんですか。特にこける石像+マドハンド集団の合わせ技、これは反則ですよ。石像でこけて持ち物ぶちまけて壺が割れるわ、助かった壺もマドハンドが放り投げて割れるわ、貴重なアイテムも当てられて消滅するわ、拾いに行こうと近づくとうごくせきぞう呼ぶわ動けなくするわでもういじめです。

 マドハンドの本名ってひょっとしてゾ・サハンド?と思ったりして・・・。イオも避けるし、巻物読んでも避けるし、草を投げても避けるし、こっちもできるだけ避けて通っていたけど、石像でこけると避けていられなくなります。まさか正解は、装備しているもの以外の持ち物を全部通路に置いてから部屋に入れってことですか?

 いずれにせよ、このいらん石像のせいで不確定要素が増えて、こうすればこうなるというパズルとしての面白さが失われていると思うのですが、いかがなもんでしょう?あと、配置によって運・不運の差もありすぎですね・・・。

|

« POPFile導入してみました(その3) | トップページ | 熱血HDD大丈夫か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99795/4017002

この記事へのトラックバック一覧です: トルネコの大冒険3(その2):

« POPFile導入してみました(その3) | トップページ | 熱血HDD大丈夫か? »