« 眞鍋かをりさんと『アンティーク』 | トップページ | 連休後半ですか »

2005年5月 2日 (月)

安いDVD-Rメディア

 今頃になって知ったのですが、TDKのやけに安いDVD-Rメディアを見つけて調べてみたら、これって台湾のCMC製だったのですね。TDK、お前もか・・・。これじゃ、もうTDKも安心して買えないかも・・・。

 これまでは、個人的には太陽誘電マクセルTDKのメディアは、全品国内自社生産だから安心だと思っていましたが、TDKは候補から外すことにします。

 ちなみに、現在、私の1番のお気に入りは、富士フィルムDVD for Data ボリュームパックです。このシリーズのみ日本製と書いてありますが、この日本製=太陽誘電製であり、しかも、製造元の太陽誘電から出ているThat'sメディアよりも安いのでお勧めです。

 そういえば、ずっと昔、CD-R全盛のころ、3M(後のIMATION)のCD-Rは太陽誘電製で、同じ太陽誘電製のメディアを販売しているメーカーの中でずば抜けて安かったので、ここのCD-Rメディアをかなり多く使った記憶があります。ただし、その後、IMATIONは一部を台湾製に切り替え、最終的には全部台湾製に切り替えてしまいました。確か、その時の製造元もCMCだったと思いますが・・・。

 そういう私も、以前は台湾製の中では最もまともだというライテックのDVD-Rメディアを結構使っていました。確かに、書き込み・ベリファイをしてもエラーは皆無だし、K's CD/DVD Probeを使いたいがためだけに購入したLITE-ON製ドライブでPI/POエラー測定を行ってもエラーレートも非常に少なかったのです。

 ところが、ある時、50枚スピンドルの下の方の15枚ほどがエラーの嵐でした。同時に購入した別のパックも同様で、上の方はまともなのに最後の15枚ほどはエラーの嵐でした。もちろん、怪しいところから購入したメディアではありません。この事件で、台湾製DVD-Rメディアは当たり外れの波があることを思い知りました。また、台湾製はドライブのメーカーによる相性がある場合も多いですね・・・。

 この事件以来、「台湾の○○製メディア使っているけどエラーなし良メディア」というような情報があっても「たまたま当たりだっただけだろ」と心の中で突っ込んでいます。やはり、常に良質じゃないと安心して使えませんよね・・・。

 ところで、良質のマクセルの中でも極上品といわれるメディアボックス(MB)DVD-Rですが、今となっては値段高すぎだと思います。上記の太陽誘電製と比べて2倍以上しますので、大切なデータならMB1枚に焼くよりは太陽誘電2枚に焼く方が安心できます。友人に貸して傷がついて帰ってきたとか、ドライブが故障して傷がついたとか、どんなに良質のメディアでも傷がつけばエラーが増えますからね・・・。

 ところで、同じメディアボックスでも、最近出たらしいYSK・MB-Fならまぁまぁ安いですが、フラットタイプにすると品質が落ちるという話を聞きますので、そこを考えると、普通に売っているマクセルと品質が余り変わらないのではないかと思ってしまいます。値段的にも近いですけど、その点どうなんでしょうね・・・。

|

« 眞鍋かをりさんと『アンティーク』 | トップページ | 連休後半ですか »

コメント

>最後の15枚ほど
スピンドルの下のほうだから…

投稿: | 2005年11月 9日 (水) 19時59分

>スピンドルの下のほうだから…

 確かにそうなんですが、現在主に使っている富士フィルムの50枚スピンドル(太陽誘電製)は10パック以上使ってるけど、エラーは皆無でした。
問題のあったライテックのメディアも、ランドポートから買ったもので、保管方法に問題があったとも思えませんし、数パックに渡って同じ現象が発生したことから製造品質の問題と判断しました。
また、中央の透明部分に気泡があるメディアも多いですし・・・

 それよりも私が一番不思議に思うのが、グレードです。
ライテックにはグレードSとかグレードAとかいうのがありますが、そもそも、そういうグレードという区別があるのがおかしいと思います。

投稿: Yasu.Hara. | 2005年11月10日 (木) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99795/3951669

この記事へのトラックバック一覧です: 安いDVD-Rメディア:

« 眞鍋かをりさんと『アンティーク』 | トップページ | 連休後半ですか »