« 夢のまた夢(意味違う) | トップページ | ワットチェッカーで測定#2 »

2005年8月17日 (水)

ワットチェッカーで測定#1

 先日のこの記事で書いた「ワットチェッカー」で、まずは、現在Linuxサーバーとして使用している、IBMのThinkPadの消費電力を測定してみました。

 ただし、このThinkPadは、電気代節約の為に、AC電源時でも省エネ(低速)モードになるようにBIOSで設定しています。

 まずは、サーバーが動作している状態でフタを閉じて測定してみました。結果は、約8Wでした。本当にそんなもんかというぐらいの消費電力ですね。

 次は、フタを空けて、キーを押して液晶が表示された状態で測定してみました。結果は、約13Wでした。日本語モードに切り替えてみても、やはり同じでした。

 液晶は画面真っ黒でも真っ白でもバックライトは点灯しているので消費電力は変化ないわけですが、それがたったの5Wということになります。

 さて、ここまでは、ハードディスクが動作していない時の消費電力ですが、ハードディスクが動作するとどうなるのでしょう。試しに、フタを閉じた状態(約8W)でサイトにアクセスしてカリカリ動作させてみました。すると、消費電力は最大約21Wまで跳ね上がりました。

 ということで、予想を遥かに超えるほど凄まじい省エネ状態になっていることがわかりました。ちょっと、デスクトップパソコン(特にFFXIやってたマシン)の消費電力を測定するのが怖くなってしまいましたが、また今度測定してみようと思います。

|

« 夢のまた夢(意味違う) | トップページ | ワットチェッカーで測定#2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99795/5520991

この記事へのトラックバック一覧です: ワットチェッカーで測定#1:

« 夢のまた夢(意味違う) | トップページ | ワットチェッカーで測定#2 »