« ワットチェッカーで測定#1 | トップページ | スターウォーズって6部作? »

2005年8月19日 (金)

ワットチェッカーで測定#2

 さて、それでは、今度はデスクトップパソコン(通称FF11マシン)の測定結果です。デスクトップパソコンでは、モニタは別から電源を取り、パソコン本体のみで測定しました。

 このマシンはファイナルファンタジーXIのWindows版のプレイを主な目的として組み立てた自作機で、CPUはPentium4-2.4GHz(HT対応)、ビデオチップはGeForce4 Ti4200のマシンです。

 まずは、WindowsXPを起動して安定した状態で測定しました。約100Wちょっとでした。もうこれだけで、ノート(液晶付)の何台分に相当するでしょうか^^;

 次は、HDDを動作させるため、ディスクのチェックを行ってみました。すると、最大約135Wぐらいまで上がりました。

 HDDにアクセスすると消費電力が上がりますが、HDDに連続してアクセスしているとまた下がります。アクセスしては止まりという断続アクセスが最も消費電力が上がることがわかりました。

 最後に、HDDとグラフィックをフル稼動させた時の消費電力のテストをしました。使ったのはご存知(?)「FINAL FANTASY XI for Windows オフィシャルベンチマークソフト3」です。

 このソフトをハイレゾ設定でベンチマークをループさせてみましたが、動かしている間、ずっとコンスタントに約150Wをキープしていました。やはり、グラフィックも消費電力に関係していたってことですね。

 というわけで、測定する前は、300Wぐらいいくかと思っていたので、予想していたよりはかなり低い結果となりました。まぁ、ノートと比較したら数倍違うのですが・・・。

 いや、そうなると電気喰いまくりの犯人は、一体どのパソコンなんだろう。いや、もしかして、パソコンじゃないのかもしれない。1つだけ確かなのは、「犯人はこの(家の)中にいる!」ってことですね・・・。

|

« ワットチェッカーで測定#1 | トップページ | スターウォーズって6部作? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99795/5536538

この記事へのトラックバック一覧です: ワットチェッカーで測定#2:

« ワットチェッカーで測定#1 | トップページ | スターウォーズって6部作? »