« 中古ノートパソコン購入 | トップページ | FTTH回線切断(その2) »

2005年11月12日 (土)

FTTH回線切断(その1)

 日曜日の夜ごろから、学園オンラインRPG「ヨーグルティング」をプレイしている最中に、「回線が切断されました」と出て外へ放り出されることが時々ありました。

 これが、1人ではつらいエピソードを2人でやっていた途中で切れると相手にも迷惑をかけますね。また、大勢でボスと戦っていた時にボスが倒れる直前に切れてしまって、経験値・アイテムを貰えなかっただけでなく、逆に途中切断ペナルティーで経験値が減ったりしてかなりがっくりきました。

 最初のうちは、ホスト側の問題かと思っていましたが、どうも切れるのは自分だけなので、ホスト側の問題ではなさそうです。そこで、ルーターのログを調べてみると、「PPPoE1 stop PPP」「PPPoE stop」というセットが何度もあり、その直後IPアドレスを再取得に行き、IPアドレスが変わっていることが判りました。

 IPアドレスが変わるということは、当然、その時一瞬回線が切れるわけで、ネットサーフィンしているだけならすぐ繋がるので問題ないですが、オンラインゲームなら切断されてしまうのです。

 また、IPアドレスが変わると自宅サーバーで使っているドメインの割り当ても変更が必要です。変更は自動ですが、実際に生きてくるまでに数分間かかるので、その間アクセスできなくなり色々と不都合な点が多く、できるだけ早く直さないと非常に困るわけです。

 まずは、ルーターのファームウェアを調べてみました。すると、10月末ごろ最新版のファームウェアが出ていたので、早速、アップデートしてみました。うまくいったかな?と思ったのもつかのま、約2~3時間に1回ぐらいの頻度でIPアドレスが変わります。

 だめだこりゃ・・・ということで・・・つづく。

※ ちなみに、うちで使用しているルーター

|

« 中古ノートパソコン購入 | トップページ | FTTH回線切断(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99795/7066331

この記事へのトラックバック一覧です: FTTH回線切断(その1):

« 中古ノートパソコン購入 | トップページ | FTTH回線切断(その2) »