« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月29日 (火)

PowerEdge SC430 ビデオカード

 デル激安サーバー「PowerEdge SC430」ビデオカードをさしてみました。結果から書くと、PCI Express x4では正常に動作するけどPCI Express x8では動作しないという、噂どおりの結果となりました。

 まず悩んだのが、ビデオカードをどれにするかですが、某巨大掲示板で動作報告のあったものの中から、カード上にメモリ128MB以上積んでいるという条件で、ASKから出ている「PowerColor X3HM-CDT-PE128D/R37L-SC3D」を選びました。

 次は、加工です。バス側の加工はカッターで楽にできると聞いていましたが、やってみると楽じゃありませんでした。力を入れて押しただけでは切れないし、かといって前後に動かすとバスの端子に当たってしまってまずいです。とりあえず2箇所切れ込みを入れてラジオペンチでむしりとってみましたが、バスの端が□の状態からちょっとだけ凹の状態になっただけで、ぜんぜんささるまでにはなりませんでした。

↓2つの白いPCIバスの間がPCI-Express x4で右端がPCI-Express x8

PCIe-x4

 うまくいかないので、バス側は諦めてビデオカード側を削ってみることにしました。新品のビデオカードを削るのに抵抗があったのでバス側を削ろうと思ったのですが仕方ありません。端子のバスの端に当たる部分を削ってみました。こちらは比較的楽でした。

 そして、PCI-Express x4にさしてパワーオン。見事、正常に動作しました。動作したので調子に乗って、今度は、PCI-Express x8の方も検証してみることにしました。

 PCI-Express x8にさすには、もう1箇所当たる部分があるので、そこも削る必要があります。そこで、ビデオカードをバスに当ててみて・・・とかやっていて、よく見ると、バスのx4より長くなっている部分には端子が1つもないではありませんか。結局、その部分は全部切捨てで構わないということですね。

 ということで、バスのx4よりはみ出す部分を全部切り捨てました。これで、x4にもx8にもさせるようになりました。当然、切り捨てた後もx4の方は動きましたが、やはり、x8にさしてみても動かなかったですが・・・。

↓加工したビデオカード端子部分

VideoCard

※ 関連記事 ⇒ 例のビデオカード加工画像

【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページ(エンタープライズ)

| | コメント (87) | トラックバック (2)

2005年11月26日 (土)

ヨーグルティング関連を分離します

 学園オンラインRPG「ヨーグルティング」関連の記事が増えてきたので、「ヨーグルティング」関連は分離することにしました。

 今後は、「牛乳飲みたおしの日々」の方に書きますので、興味のある方はそちらを参照願います。って、そういう人がいるかどうか怪しいものですが・・・。

 とりあえず、今までの関連記事は「牛乳飲みたおしの日々」移動しましたのでよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

ヨーグルティング予想通り

※ この記事は「牛乳飲みたおしの日々」に移動しました。

記事移動先 ⇒ http://yas.paslog.jp/article/154062.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーグルティングやっと安定?

※ この記事は「牛乳飲みたおしの日々」に移動しました。

記事移動先 ⇒ http://yas.paslog.jp/article/154060.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

ヨーグルティング緊急メンテ

※ この記事は「牛乳飲みたおしの日々」に移動しました。

記事移動先 ⇒ http://yas.paslog.jp/article/154055.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

ビクターのDVD-R

 先日の記事に書いたビクターのDVD-Rを試しに購入してみました。ビクターのDVD-Rには「日本製」と表記されており、聞くところによると「マクセル」「太陽誘電」のOEMらしいです。どちらのOEMであるかは、製品によって違うとのことです。

 購入したのは、「VD-R120XF10」「VD-R47SP50」の2種類です。共に8倍速書き込み対応プリンタブルメディアですが、前者はビデオ用個別ケース入り5色10枚パック、後者はデータ用スピンドルケース入りホワイト50枚パックです。

 早速、マニュファクチャーIDを調べてみました。すると、「VD-R120XF10」「MXL RG03」マクセル製「VD-R47SP50」「TYG02」太陽誘電製であることがわかりました。ということで、実際に品番によってマクセル製太陽誘電製があることが確認できました。

 「VD-R120XF10」は結構以前より発売されていたようですが、発売当初はそれなりに高価だったので余りお目にかからないメディアでした。それが、最近、一部で安くなっているので今回購入してみました。ただし、アマゾンとかでは高い価格のままなので、お買い得とは言えません。

 このメディアは、最近余り見かけない10mmケースに入ってます。森本(モリホン)に書いてありましたが、5mmの薄型ケースは反りやメディアに対するストレスの問題があるので、10mmケースに保存した方がいいらしいです。ケースの厚さが倍なので置き場所も倍必要ですが、場所より保存性を重視したいので10mmケースがいいですね。

 また、最近省略されていることが多い、インデックスカードが付属している点も見逃せません。最初、10枚中4枚にしかインデックスカードが入っていなかったので騙されたかと思いましたが、その4枚はそれぞれ3枚綴りなのでした。というわけでちゃんと12枚分付属しています。

 ただし、プリンタブル面に関しては、正直言ってよくないです。薄い色が付いているのは許せますが、中央部の印刷できない範囲が大きすぎです。また、外周に「I'collection」という文字やらDVDのロゴやらがあってとても邪魔です。私自身は印刷しないので構いませんが、印刷好きの人には向きません

 一方、「VD-R47SP50」はまだビクターのサイトにも品番が出ていないほどの新製品のようです。こちらは、個別のケースがなく50枚がスピンドルケースに入ってます。個別のケースがない分安くなっているのが魅力です。上記のメディアと比較してメディア1枚当たりの単価は20円~30円ほど安いです。ということは、30円より高いケースに入れると逆転しますが。

 こちらのプリンタブル面24mm~118mmまで印刷できるワイドプリンタブルタイプです。外周部には「Victor INKJET LABEL DVD-R for Data 1-8x」という文字がありますが、余り目立たないし、後で見てメディアの種類・メーカーを確認できるのでいいでしょう。こちらは、印刷好きの人にもぴったりのメディアだと思います。

↓上の2枚:VD-R120XF10 下の2枚:VD-R47SP50

VD-R120XF10-1

VD-R120XF10-2

VD-R47SP50-1

VD-R47SP50-2

※ 関連記事 「ビクターのDVD-R part2」

※ 関連記事 「ビクターのDVD-R part3」

今回ご紹介した Victor DVD-R の通販はこちらから ★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

ヨーグルティングβ終了

※ この記事は「牛乳飲みたおしの日々」に移動しました。

記事移動先 ⇒ http://yas.paslog.jp/article/154052.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

ヨーグルティングアンケート

※ この記事は「牛乳飲みたおしの日々」に移動しました。

記事移動先 ⇒ http://yas.paslog.jp/article/154050.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

フジフィルムのDVD-R

 私がずっと愛用している、フジフィルムのデータ用DVD-R「ボリュームパック」ですが、最近、台湾製に切り替わったらしいです。フジフィルムのサイトにも、以前は「日本製」という表記があったのがなくなっています。当然ながら、台湾製になった製品には、以前あった「日本製」という表記は消えています。ただ、サイトの写真は「日本製」の製品のままですが・・・。

 それにしても、中身を変えるのなら品番ぐらい変更して欲しいです。お店で購入する際は「日本製」の表記の有無で区別できますが、通信販売で購入すると台湾製が送られてきそうで怖いです。また、ちゃんと「日本製」とか「太陽誘電製」と書いてあるところでも、それを信じて注文して、もし台湾製が送られてきた場合、返品なり他の製品に交換なりしてくれるか微妙ですし・・・。

 聞くところによると、台湾製の分はProdiscで製造されているらしいですが、個人的には台湾製には懲り懲りなので、どこの製品であろうがもう二度と使う気がしません。よって、日本製の流通在庫がなくなってしまったら、もうフジフィルムはやめることにします。

 その時は、製造元・製造国が変わる恐れのない太陽誘電マクセルにしようかな?それとも、この2社のいずれかの製造らしくて、しかも価格が安いビクターがいいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

ヨーグルティング正式サービス

※ この記事は「牛乳飲みたおしの日々」に移動しました。

記事移動先 ⇒ http://yas.paslog.jp/article/154048.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

FTTH回線切断(最終回)

(一昨日~昨日の記事の続きです)

 最後の手段というのは大袈裟でしたが、ルーターを入れ換えてみることにしました。もし、これで改善されたら単にルーターの故障、改善されなければ、後の機器はプロバイダからのレンタルなので、プロバイダに対応を求めることになります。

 入れ換えたのは全く同じルーターですが、入っているファームウェアは前のバージョンです。新しいファームウェアで保存した設定は古いファームウェアでは使用できないので、今までと同じ設定で最初から設定しなおしました。

 そして、数時間後、ルーターのログを確認してみましたが、ログには切断の記録はありませんでした。ですが、前回のこともあって、まだ、安心はできません。そのまま、「ヨーグルティング」をプレイしてみました。また、切れるかな~~~。

 ところが、予想に反して、その日も翌日も翌々日である今日の今まで、一度も切断されることはありませんでした。なんと!単にルーターの故障のようです。いや~、ここにたどりつくまで長い道のりでしたが、やっとつきとめました・・・。

 考えてみると、症状は、ファームウェアを更新する前から起きていたし、最近、設定を変えたこともないから、ファームウェアや設定は不具合と関係ないはずだったんですよね。しかし、故障するなら一切接続できないとか、もっと判りやすい故障の仕方して欲しいです。こんな微妙な故障、やめてくれ・・・。

 メーカー保証期間中なのでもちろん修理に出しますが、まさか、症状が微妙だから「不具合は認められず」なんてことにならないよね?とりあえず、ACアダプターを入れ換えることによって、ACアダプターと本体のどちらが悪いかの診断はできるから、それをした上でメーカーに出すようにします。

 ただ、このルーター、うちでは残念な結果になりましたが、私の周りにも10名ほど同じ機種を使っている人がいますが、うち以外ではトラブルは皆無です。特に、ファームウェアバージョン「1.12 Release 0004」以降が安定していますので、それより前のバージョンの人はバージョンアップをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

FTTH回線切断(その2)

(昨日の記事の続きです)

 ルーターの設定が悪いと思い、メーカーサイトサポート情報を検索してみました。すると、いくつか、該当しそうな情報が出てきました。

 まずは、「接続方法」「常時接続」にし、「キープアライブ」「無効」にするというのをやってみました。例によってすぐに結果は出ないので、その状態で数時間放置し、ルーターのログを見るわけです。数時間後見てみると、やはり数回切断のログが残っていました。

 次に、「WAN側有線の通信方式」「MDI」「自動」から「MDI」に変更し、「SPEED」「自動」から「100Mbps半二重」に変更するということをやってみました。そして数時間後、やはり、数回切断のログが残っていました。

 あとは、「コンセントを他から取ると改善される場合がある」ぐらいしか残っていなかったので、ダメもとで試してみました。ついでに、各コネクタを抜き差しし直したり、各機器の間隔をあけてみたりもやってみました。そして、数時間後、今度は切断のログは残っていませんでした。成功か・・・と思ったのもつかの間、また、「ヨーグルティング」のプレイ中に切断・・・orz

 この時点で、プロバイダの方へ問い合わせをしてみました。ですが、「ログの情報では、お客様の方から切断されているということしか判りません。ルーターをご使用なら再度設定を見直してみては?」とのことでした。結局、状況は電話する前と変わらずですか・・・。

 その後、ルーターのファームウェアを以前のものに戻してみたり設定を工場出荷時に戻して、再度、最初から設定しなおしたりと、思いつくあらゆることをやってみました。が、結局はどうやっても切れてしまいます。

 もう、こうなったら、いよいよ最後の手段を使う時が来たようだな・・・ということで・・・つづく。

(おそらく次回が最終回^^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

FTTH回線切断(その1)

 日曜日の夜ごろから、学園オンラインRPG「ヨーグルティング」をプレイしている最中に、「回線が切断されました」と出て外へ放り出されることが時々ありました。

 これが、1人ではつらいエピソードを2人でやっていた途中で切れると相手にも迷惑をかけますね。また、大勢でボスと戦っていた時にボスが倒れる直前に切れてしまって、経験値・アイテムを貰えなかっただけでなく、逆に途中切断ペナルティーで経験値が減ったりしてかなりがっくりきました。

 最初のうちは、ホスト側の問題かと思っていましたが、どうも切れるのは自分だけなので、ホスト側の問題ではなさそうです。そこで、ルーターのログを調べてみると、「PPPoE1 stop PPP」「PPPoE stop」というセットが何度もあり、その直後IPアドレスを再取得に行き、IPアドレスが変わっていることが判りました。

 IPアドレスが変わるということは、当然、その時一瞬回線が切れるわけで、ネットサーフィンしているだけならすぐ繋がるので問題ないですが、オンラインゲームなら切断されてしまうのです。

 また、IPアドレスが変わると自宅サーバーで使っているドメインの割り当ても変更が必要です。変更は自動ですが、実際に生きてくるまでに数分間かかるので、その間アクセスできなくなり色々と不都合な点が多く、できるだけ早く直さないと非常に困るわけです。

 まずは、ルーターのファームウェアを調べてみました。すると、10月末ごろ最新版のファームウェアが出ていたので、早速、アップデートしてみました。うまくいったかな?と思ったのもつかのま、約2~3時間に1回ぐらいの頻度でIPアドレスが変わります。

 だめだこりゃ・・・ということで・・・つづく。

※ ちなみに、うちで使用しているルーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

中古ノートパソコン購入

 中古のノートパソコンを探すように頼まれました。初心者なので、やりたいことはとりあえずワープロ表計算ができれば充分で、WindowsXPじゃなくてもいい。予算は3万円程度ということでした。

 そこで、中古ノートパソコンLinuxをインストールしてOpenOfficeを入れて・・・というのはいくらなんでも嫌がらせっぽいので、普通にWindowsのインストールされた中古ノートパソコンを探してみました。流石にWindowsXP中古ノートパソコンはこの値段では見つかりませんでしたが、中古ノートパソコン企業にリースされていたものが多いので、Windows2000がインストールされた企業向モデルなら多くありました。

 で、私のこだわりとして、次の点を満たすものを選んでみました。

  1. インストールされているOSはWindows2000であること
  2. CPUはPentium3以上、クロックは400MHz以上であること
  3. メインメモリーは128MB以上でVRAMのメモリーを共有していないこと
  4. FDD・CD-ROMドライブ・LANポートが標準装備であること

 一応、メインメモリーの増設は自分でもできますが、64MBから128MBへの変更が+2,000円程度だったので、それなら最初から128MB入っている方がいいですよね。ところが、逆にHDDの容量は足りない場合は自分で交換した方が安いので、最初の容量は数GBもあれば充分という判断です。

 この条件予算を満たす中古ノートパソコンの中から、富士通企業向けノートLIFEBOOK6500NU/L(128MB)を選んで注文をしました。送料は1,500円クレジットカード決済にしました。ちなみに、同じ製品でWindowsXP HomeEditionをインストールしたモデルは+15,750円ですので、軽く予算の1.5倍ぐらいになってしまいます。

 注文後、製品は3日で到着しました。中古なので、ちょっとキーボードの「N」の文字などが消えかかっていたりはありましたが、予想したよりはいい状態でした。Linuxを入れて自宅サーバーとして使うのにもよさそうです。自分用にもう1台購入すればよかったかも・・・。

 とりあえずは、ACアダプターを接続し動作確認・・・む?電源が入らない・・・まさか・・・と思ったのですが、富士通のノートは押しボタン式のメインスイッチとは別に、横に主電源のスライドスイッチがあったのを忘れてました。危うく初期不良と間違えるとこだった・・・^^;

 もちろん、主電源を入れると問題なく起動しました。プロパティーを見ると、最新のWindows2000SP4(ServicePack4)まで最初から当たってました。さらに、リカバリー用起動FDとリカバリーCD以外に、OpenOffice・解凍ツール・ゲーム等フリーソフト他を収録したサポートCDもついていました。う~ん、デジタルドラゴンさん、いい仕事してますね~。

※ 「通販ヤスイチ」で「LIFEBOOK」を検索

(6500NU/Lは現在なぜか「販売休止中」になってます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

ヨーグルティング近況

※ この記事は「牛乳飲みたおしの日々」に移動しました。

記事移動先 ⇒ http://yas.paslog.jp/article/154018.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

ブログペットが変わった

 皆さんすでにお気づきの通り、11月1日よりブログペットの下段に広告が出るようになっています。あちこちにあるブログペットから突然広告が発信されるようになると、なんだか、うまいこと利用されたような気がしないでもないです・・・。

 この変更とともに、有料サービスもスタートした模様ですが、個人的には有料サービスは利用する気はないのでチェックしていません。だた、小耳に挟んだ話だと、ブログペット遊びに行ったりするとか?そりゃあ~た、ポストペットかいな・・・。

 あと、今までは、寝ている時以外は、ブログペットをクリックすると「とことことこ」と歩いてきてセリフを喋ったまま、再度クリックしない限りは帰っていかない仕様だったと思いますが、しばらく後に帰っていくようになっていますね。

 変更直後の11月1日には、ブログペットの窓が出なかったり、色々と不具合が発生していたようですが、不安定だったのはその日だけで、その後は安定して広告を発信しているようです。う~ん、ブログペットって働きものだな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

ココログ容量アップ!

 11月1日より、ココログのディスク容量がアップしました。ここはベーシックプランなのですが、文章中心で画像の貼り付けはほとんど行っていないにもかかわらず、半年で50MB中の10%になってしまい、このままだと数年で満杯になると思っていた矢先に、いきなり40倍の2GBになりました。

 こりゃ~、いくら書いても満杯になることはまずないですね。それと、画像も遠慮なくアップできるぞ・・・って「できる」「する」はまた別の話ですね。あと、容量拡張と同時に1ファイルと1日あたりのアップロード制限も加わったらしいですが、全然、縁のないレベルでした。

 ただ、新しいカテゴリーを追加したり、ブログ名の下のサブタイトル(キャッチプレーズ)を変更したりという、ブログ全体にかかわる変更をした場合、今まで書いてきた全ての記事に適用されるので、今でさえ、結構時間がかかってしまってます。それが、容量が大きくなるとすごい時間がかかるのではないかと思います。

 やはり、この辺はシステムを改良して欲しいですね。もしかして、今回の変更で改良されてる?ってことはないと思いますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »