« 携帯電話機種変しました | トップページ | ロード・オブ・ザ・リング低価格版きた »

2005年12月13日 (火)

ビクターのDVD-R part2

 なんだか、先日書いた「ビクターのDVD-R」という記事ですが、Yahoo!google の検索で上位に表示されているようで結構ちまちまと参照があります。そこで、調子に乗ってまた別のビクターのDVD-Rを2種類購入してみました。

 今回購入したのは、「VD-R47SP10」「VD-R120SP10」の2種類です。共に8倍速書き込み対応ホワイトプリンタブルメディアスピンドルケース入り10枚パックですが、前者はデータ用、後者はビデオ用です。

 気になるマニュファクチャーIDですが、どちらも「TYG02」太陽誘電製でした。両方、ワイドプリンタブルメディアで前回の「VD-R47SP50」と見た目がそっくりだったので、そうじゃないかと予想はしていましたが、やはりそうでした。

 中のメディアですが、「VD-R47SP10」「VD-R47SP50」と全く同一のもので、「VD-R120SP10」は外周の文字が「Victor INKJET LABEL DVD-R for Video 1-8x」となっている以外は同一です。ワイドプリンタブル24mm~118mmまで印刷できる、印刷好きの人にもぴったりのメディアです。

↓VD-R47SP10(何故か猫)

VD-R47SP10

↓VD-R120SP10(何故か犬)

VD-R120SP10

↓中のメディア(「VD-R47SP50」のメディア)

VD-R47/120SP10

 ところで、メディアの保管ですが、私は今回の商品のような10枚スピンドルケースで保管することが多いです。保存性はよくないらしいけど。1枚1枚プラケースに入れると場所とるし、50枚や30枚のスピンドルケースに入れると下の方が取り出しにくいからです。10枚なら分類するにも丁度の枚数だし、取り出しも余り苦労しませんから。

 ただ、10枚スピンドルパック50枚スピンドルパックよりメディア1枚当たりの単価が高かったので、50枚スピンドル入りと空の10枚スピンドルケースを別々に買って利用していました。ところが今回の商品は、50枚スピンドルのメディア1枚当たりの単価とほぼ同じで、私にとっては非常にありがたい商品でした。

※ 関連記事 「ビクターのDVD-R」

※ 関連記事 「ビクターのDVD-R part3」

今回ご紹介した Victor DVD-R の通販はこちらから ★★★

|

« 携帯電話機種変しました | トップページ | ロード・オブ・ザ・リング低価格版きた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99795/7607241

この記事へのトラックバック一覧です: ビクターのDVD-R part2:

« 携帯電話機種変しました | トップページ | ロード・オブ・ザ・リング低価格版きた »