« ビデオカードBIOS書き換え(結論編) | トップページ | PowerEdge SC430 新キャンペーン »

2006年5月26日 (金)

ATIFLASH と FLASHROM

 今回のビデオカードBIOS書き換えに当たって、最後に1つだけ疑問に思っていたことがありました。それは、ムージョサイトさんで使用されていたATIFLASHがなぜエラーが出て使えなかったかでした。

 で、先ほど、もしやと思ってやってみたら、わかりました。玄人志向RDX3SE-LE128Cなら1.01.1ATIFLASHでもBIOSの書き換えができました。ATIFLASHPowerColorへのBIOS書込みができず、それ以降はFLASHROMしか使っていなかったので気づきませんでした・・・。

 ちなみに、ビデオカード上のフラッシュROMの種類はどちらのユーティリティでも、PowerColorSST25VFxxx玄人志向M25P05と認識されており、間違って認識されているわけでもないです。また、ATIFLASH「atiflash -p -f -sst 0 filename」フラッシュROMの種類まで指定してみても同じようにエラーが出ました。

 ということで、玄人志向RDX3SE-LE128CBIOS書き換えにはどちらのユーティリティを使用しても可能ということですね。まぁ、個人的には、PowerColorでも使えたことと、BIOS書き換えが終わったらドミソド~と音が鳴って(サウンドカード不要)教えてくれるのでFLASHROMの方が好きですが・・・。

|

« ビデオカードBIOS書き換え(結論編) | トップページ | PowerEdge SC430 新キャンペーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99795/10229772

この記事へのトラックバック一覧です: ATIFLASH と FLASHROM:

« ビデオカードBIOS書き換え(結論編) | トップページ | PowerEdge SC430 新キャンペーン »