2006年1月17日 (火)

アニメ版BLEACH#64

 今日の「BLEACH #64」ですが、先週の予告で見たことないキャラや場面が出てきたので予想はしていましたが、やはり、オリジナル展開になってしまいましたか。以前書いた記事(これこれ)の通り、約5クール尸魂界篇が終了して現世に戻ってきたわけで、そうしないと原作にすぐ追い付いてしまってまずいのは明らかなのですが、オリジナル展開というのはどうなんでしょう?

 やはり、原作のファンとしては、余計なオリジナルストーリーを挟んで間を持たせるよりは、潔く、しばらくお休みの方がよかったんじゃないかと思います。オリジナルストーリー部分はまだ1話しか見てないので結論は出せませんが、ちょっといまいちな展開のような予感がします・・・。

 あと、エンディングが今回から変わりましたが、一瞬、CMかと思いましたよ。オリジナルストーリー部分のオリジナルキャラらしき映像が、別のアニメのキャラのようで、かなり違和感がありましたし・・・。

 なお、今後、このオリジナルストーリーを面白いと感じたら、また、ここに記事を書くと思いますが、もし、何も書かなかったら、個人的には面白いと思わなかったということでご判断ください・・・。あ、文句がある時にも書きますがね・・・^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

アニメ版BLEACH#54

 昨日の「BLEACH #54」ですが、やはり盛り上がりましたねぇ・・・。どうなるかわかっていても、見ていて思わず目頭が熱くなってしまいました。最近、なんだか涙もろくなってきたのか、少年マンガ読んでいても結構うるうるきてしまうことが多いです。って、単に涙腺が緩くなってきただけなのかな?

 ところで、最近、朽木白哉が他のマンガの誰かと雰囲気が似ているような気がしていましたが、今回のアニメを見て判りました。「エースをねらえ!」宗方コーチです。病気持ちのところは浮竹と似ているかもしれませんが、雰囲気的には白哉が似てるような気がしました。まぁ、単なる気のせいかもしれませんが・・・。

 そして、今回の感動的な大救出劇の後、来週からはあちこちで印象的な対決が起き、その次はいよいよ、あのメガネ野郎の登場となるわけですね・・・。もちろん、雨竜ではありませんよ・・・とか、余り書くと原作読んでない人にネタばれになるのでやめておきます。

 原作の方では、個人的にとても気になっていることが1つあります。それは、一護達現世に帰る時にまだ眠ったままになっていたあの人の容態です。直後にやられたもう一人は完全に元気になっているので、体の面では回復しているはずなのですが、精神面でのダメージが大きかっただけに心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

アニメ版BLEACHとプロ野球

 昨夜のBSジャパンアニメ版「BLEACH」ですが野球になってましたね。21時頃に父が野球を見ているので、一体どのチャンネルだろうと思ったらBSジャパンでした。どうやら、パリーグの優勝決定戦だったらしいですね。まぁ、私はプロ野球に全然興味がないのでどうでもいいんですが・・・^^;

 そんでもって、「BLEACH」10月20日(木)17:25~17:55になりました。BSジャパンでご覧になっている方はご注意ください。野球終了後の放映とかだと大変困るところでしたが、そうならなくて良かったです。なお、EPGで見るとタイトルが「BLEACHスペシャル」となっています・・・が、枠は30分しかないので、思いっきり通常版でしょうけどね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

アニメ版BLEACH#52

 今日、BSジャパンで放映された「BLEACH #52」ですが、予想通り、先週放映された地上波版スペシャル前半でした。スペシャルとの違いは、約3分半の今までのあらすじがなかったこと、第52話の表示があったこと、エンディング・次回予告・死神代図鑑(?)があったことです。あと、もちろん、本編の終わりにいつもの「To be Continued」もありました。

 ただ、個人的には、このように地上波とBSで内容を変えるのはやめて欲しいです。地域的にTV東京系の地上波が受信できないとか、BSデジタルを受信する環境がないなどの問題で、片方しか見られない方も多いと思うからです。やはり、2回分を一挙にやるんなら、ちゃんとオープニング・エンディング・予告も2回づつやった方がいいですよね。


↑BLEACH ブリーチキャラクターズ BOX


↑カードダスEX ブリーチ ソプルカードバトル ブースター4 Secret of the Moon BOX


↑エクセレントモデル ブリーチ 井上織姫&夜一


↑エクセレントモデル ブリーチ 阿散井恋次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

アニメ版BLEACHスペシャル

 昨夜のアニメ版BLEACHは、「ゴールデンにドカーンと進出!最強の死神ぞくぞく登場 限界ギリギリ血わき肉おどる 大決戦スペシャル」とまぁ、どっかのサスペンスかと思うようなサブタイトルでしたが、なかなか、見所満載でしたね。

 最初に、今までのあらすじ約3分半ありましたが、ちょっと懐かしくもありました。その後、恋次(卍解)と白哉(卍解)の対決剣八(素^^;)と東仙(卍解)の対決、そして、狛村の意外な素顔とまたまた卍解ということで、残念ながら一護の卍解は間に合わなかったけど、まさに卍解が満開状態でした・・・。

 今回、かなり多くの登場人物が出たような印象がありましたが、あらすじでしか登場しなかった織姫など地上組が本編では出ていませんでした。原作では、途中で織姫たちのシーンが入っているのですが、そのシーンは次回に繰り越されたようです。そのため、エンディングロール声優さんの数も思ったより少なかったです。

 今回、見ている途中で、この調子で行けばひょっとしたら「よう」までやってしまうかと思いましたが、さすがにそこまではいかなかったですね。ということは、来週・・・はお休みだから再来週18日19:30からの放映で「よう」ですか。いや~、このシーンどう描かれるか楽しみですね・・・。

 それにしても、今回の1時間スペシャルBSジャパンでの放映はどうなるんでしょう?次回10日の放映は30分のみです。もしかして、30分×2回に分割して放映するのでしょうか?それなら、10日に前半「ルキアの前に市丸ギンが現れニヤッと笑うシーン」まで、17日に後半を放映するということで、来週の地上波放映1回休みも理解できますね。

 また、今回より、オープニング・エンディングが両方変わりました。まぁ、個人的にはオープニング前回の「UVERworld」の「D-tecnoLife」曲のノリ・テンポとアニメーションの動きのよさから一番、エンディング趣味丸出しですが「ユンナ」の「ほうき星」詩・曲ともに最高で、それに毎回違う隊のアニメーションが加わる相乗効果で一番かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

マンガBLEACHの最近の流れ

 いろいろなサイトを回っていると、原作マンガBLEACHの最近の流れは辻褄が合わないと書いている方がおられるようです。
 私もジャンプ巻末で聞いて知ったのですが、BLEACH第1話のトビラ平子が出ています。だからといって、今までの話は最初から作者の頭の中にあったのだとかいうような野暮なことは言いませんが、私の中では辻褄が合わない部分はたった1つしかありません。
 それは、第1話で、見えないはずの連中に一護がユウレイを見せた点です。アニメ版でも、さすがにおかしいと考えたのか、このシーンはなく単に一護が連中をおどして追っ払っただけになっていましたよね・・・。
 というわけで、辻褄が合わない点として上がっている○○○○だったことに関して、私の考えを書いてみようと思います。

ネタばれ注意報発令中!
この先はジャンプのBLEACHを読んでない方にはネタばれになる内容が含まれます
くれぐれもご注意ください

 ずばり、一心死神だったことに関してですが、最初から一心タフさ・不死身さには常人を逸脱するものがあったはずです。まぁ、ギャグキャラならではの誇張だったのかもしれませんが・・・^^;
 さらに、第69話「尸魂界出発のため夜中の1時にこっそり家を抜け出す一護を屋根の上で待ち伏せしていた一心」のシーンは、当時、なぜ一心が一護の出発を知っていたのか不思議に思ったものですが、一心死神だったら納得できます。
 また、最初の頃の一心にはユウレイ・ルキア・ホロウが見えなかったという点も、わざと見えないような演技をしていたか、または、何らかの理由・方法で力を封印していたということでしょう。
 あと、なぜ一心死神になってホロウを倒さなかったのかという点は、上記と同じ理由か、もしくは単に魂を抜く方法がなくて死神になれなかったからだと思います。第186話からの死神となって登場する際も、浦原魂を抜いてもらった様子でしたし・・・。
 それにしても、椿鬼は残念なことになりましたね。前回の怪我もなかなか治すのに時間がかかっただけに、あんなに粉々になったらさすがにもう復活は無理でしょう。考えてみると、椿鬼初登場の時以外は散々な扱いでした。やはり、小さいくせに偉そうだったのがまずかったのでしょうか?
 これで、盾舜六花盾舜五花になってしまいました。そうなると、織姫ヘアピンも片方は椿鬼の分が欠けてしまうのでしょうか?それとも、「今は~もう~動かない~椿鬼くんの~ヘアピン~」みたいな感じで固定化かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月28日 (日)

BLEACH放映時間変更

 10月よりテレビアニメ「BLEACH」地上波での放映時間が1時間ずれて、19:30~20:00になるそうですね。そうなると、困ったことに、BSジャパンでの放映と被ってしまいます。

 地元では、直接受信できるテレビ東京系の局はないのですが、ケーブルテレビ経由でテレビ東京系の「テレビせとうち」を見ることができます。ところが、ちょっと画質が悪いということもあり、初めて見る時はケーブルテレビ、録画を残すのはBSということにしているんです。しかも、その時間は仕事で家にいないので、結局、両方録画しなくてはならないということになります。

 今までは、1台のDVDレコーダーで、18:30~19:00にケーブルテレビを、19:25~19:55にBSを録画していたのですが、うちのDVDレコーダーは2番組同時録画には対応していないので、そのままでは両方録画できません。10月までに何とかしないと・・・。

 ところで、そのアニメ版「BLEACH」、10月で1年になりますが、どこまでやるんでしょう?以前にも書いたように尸魂界篇が終わる所までで一時終了と思うのですが、今までの進行状況はアニメ版1話が原作2.8話ぐらいなので、これでいくと、5クール(1年3ヶ月)で13×5×2.8=182話ということで、尸魂界篇が終わる原作181・182話ぐらいでぴったりですね。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2005年8月23日 (火)

アニメ版BLEACH#46

 今日のアニメ版BLEACH#46ですが、原作になかったエピソードが結構入っていました。恋次「いなかっぺ大将」涙がなんか微妙に懐かしかったです。

 ただ、1つ残念なのが、回想の時イヅル雛森好意を抱いていたという表現がほとんどなかったですね。原作では、恋次はそのことを知っていて、2度イヅル突っ込みを入れてますが、それが2度ともなかったです。そのため、前回の#45イヅル牢の中で苦しんでいた理由が判りづらくなってしまったと思います。

 いよいよ、次回は、夜一にゃんが久々に再登場ですか?まさか、今度は猫に戻っても女性の声のままなんてことはないですよね?

 ところで、アニメ版BLEACHは、コミックス1巻アニメ3話ぐらいのペースで来ていますが、この調子だと尸魂界篇を終えたところまでで一旦終わりということになるのでしょうか?そうでないと、すぐにジャンプの連載に追いついてしまいそうですね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

夢のまた夢(意味違う)

 昨夜、寝るときはそこそこ暑かったのですが、夜中に寒くて目が覚めました。まずは照明を入れようと思い、照明のヒモを引っ張ったのですが、何度引っ張ってもつかない。おかしいな~と思ったのですが、いや、それよりも、ヒモ?

 そうなんです、部屋の照明はリモコン式なのでヒモはないはずなのです。む~、まだ夢の中か、早く覚めろ・・・と思ったら目が覚めました。今度こそと思ってリモコンを手探りで探し出し、ボタンを押しましたが、何度押してもつかない。う~ん、おかしいな~^^;

 そう思っていたら今度こそ本当に目が覚めました。なかなか裏のまた裏をかくような面白い夢だったなぁ・・・。

 それで、思い出したのですが、小さい子供の頃、ふと夜中に目覚めたら、体が動かないという、いわゆる金縛り状態になっていました。口も閉じたままで開けることができません。そこで、口が閉じたまま「んん~ん~ん(訳おか~さ~ん)」と叫んだ(?)のです。

 その途端に体が動くようになりました。そうです。夢から覚めたのです。どこまでが夢でどこからが現実かとても曖昧でしたが、子供ながらにさっきのは絶対夢だと思いました

 そんな事があったので、「金縛りにあった」というのは単に体が動かない夢をみて、それを現実のことと勘違いしているだけだと思っています。決して、涅 マユリ「疋殺地蔵(あしそぎじぞう)」に斬られたわけではないでしょう。

 最後は無理やりBLEACHネタにしてしまいました・・・^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月20日 (水)

アニメ版BLEACH#41

 白哉昨夜のアニメ版BLEACH#41ですが、ついに夜一のもとの姿が登場しましたね。原作マンガと比べて初登場時の肌の露出がかなり減っていましたが、まぁ、この時間帯なので仕方ないでしょうね^^;

 以前に書いたように、多くの人が心配していたと思われる、もとの姿に戻った時の声ですが、やはり、男丸出しの声のままではまずいと考えてか声優が女性の方になっていました

 しかし、エンディングロールで猫の時を「夜一」、人の時を「四楓院 夜一」とわけていたのはどうだかなぁ・・・。確かに猫の時には姓を言わなくて、人に戻った時から姓が出てくるけど、そもそも今回では姓は出てこなかったし、原作マンガ読んでる人にしか判らないですね。

 もっと判りやすく、「夜一さん(猫)」「四楓院 夜一(人)」とするか、いっそのこと「夜一にゃん」「夜一ちゃん」とか「夜一(匹)」「夜一(人)」というのはどうだろう?・・・ってそんなことするわけないか。

 いや~それにしても、ここから先、夜一にゃんが登場するのって露天風呂のシーンだけじゃなかったですかね?夜一にゃん役の 斎藤 志郎 にゃんさんは今後ほとんど出番がないですね。他のキャラとの兼任でもなければ・・・。今後は夜一ちゃん役の 雪野 五月 ちゃんが活躍することになるんですね。

 これがもし、低い声も出せる女性声優の方を夜一役にしていたなら、両方の夜一を演じわけられるから良かったのではないかと思います。まぁ、上記の露天風呂のシーンで、声を聞いただけではどちらの姿か判別できなかったことから、個人的にはどちらの姿も声は同じなのだと勝手に思っていましたが・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)