2013年10月19日 (土)

「ほぼスマホ」を申し込んでみることにしました

 個人的に、携帯電話は電話として使う以外、ほとんど使わないです。パケット通信もメールと、たまに修理の時にエラーコードを調べたりするぐらいしか使いません。なので、パケット定額なんて入るのは全くのムダです。そもそも、うちの場合、FOMAタイプSSバリューの月1,000円の無料分で、ほとんどの月で通話とパケット通信の両方が収まってしまう・・・というより、ほぼ翌月に繰り越してしまうほどです。
 ですが、もし、今のガラケーをスマホに機種変更したら、かなり高くついてしまうでしょうね。また、アプリなどを使って電池を消耗してしまい、肝心の電話の時に充電切れになっても困ります。ということで、ガラケーは電話用として残し、追加でデータ専用としてスマホを持つことにしました。
 まず、回線ですが、WiMAXは結構使えない地域が多いので、やはり、LTE・3G回線ということになります。ただ、ソフトバンクはCMで基地局増やして繋がりやすくなったとか言ってますが、その前にやっていた繋がりやすさのグラフの調査方法についてなどいまいち信用できない気がします。あと、携帯電話は今までずっとドコモを使ってますが、繋がりにくかったという経験はしたことがないので、ドコモ回線が無難かなと思います。
 次に、ドコモLTE・3G回線を使ったMVNOサービスの中でどれにするかですが、当然のことながら、スマホ本体はドコモから出ている機種かSIMフリー機種でないとダメなのですが、どうやら、ドコモのスマホでMVNOをやっても、テザリングができないようなのです。スマホの機種によっては設定をいじることでできるかもしれませんが、とにかく、できるとは限らないということなので、ここで一時詰まってしまいました。テザリングとは、簡単に言うと、スマホをモバイルルーターとして使うことです。つまり、Wi-Fiに対応しているガラケー・スマホ・タブレット・ノートパソコンなどをこのスマホ経由でLTE・3Gに接続することができるわけですね。
 そんな時、テレビを見ていると、「ほぼスマホ」のCMをやっていました。ビッグローブのLTE・3Gサービスで、MEDIAS NE-202というスマホ端末込みで、月2,980円が24ヶ月、その後は月1,980円というものです。スマホなし(SIMカードのみ)なら月1,980円なので、その差(つまりスマホ端末代)は、1,000円×24ヶ月=24,000円ということになります。
 この、MEDIAS NE-202は、MEDIAS N-07Dをベースにしていて、中身はほぼ同じようですが、SIMフリーであることやMVNOでのテザリングに最初から対応していることなどが違っています。ただ、N-07DはAndroid4.0.4から4.1へのバージョンアップ対応機種に選定されましたが、NE-202の方はバージョンアップ対応は提供されそうにありません。
 なお、上記のライトSプランは月1GBを超えると、128kbpsという懐かしのISDN回線を2回線束ねた速度に制限されます。月1GBというと、少なく思えるかもしれませんが、家でWi-Fiで接続する時の通信はいくら使っても無関係だし、外出先で動画などの大容量データを見ることさえなければ大丈夫じゃないかと思ってます。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

「番号非通知」と「ナンバーディスプレイ」の矛盾

 以前から思うんですが、「番号非通知」「ナンバーディスプレイ」って、なんか矛盾していないですか?

 だいたい、電話というものは1対1の通信手段なのに、「番号非通知」で、掛けた側の匿名性だけを一方的に守ろうとすることがおかしいと思います。電話番号を知られたくなければ公衆電話から掛ければいいだろうし、それが面倒なら、堂々と「番号通知」して掛けるべきじゃないでしょうか?しかも、「番号非通知」が絶対必要な電話というのは、「振り込め詐欺」「脅迫」などの犯罪や、「いたずら電話」「電話勧誘」などの迷惑電話ぐらいしか思いつきません。

 また、「ナンバーディスプレイ」に入ったとしても、本当に番号を知りたい類の電話は必ず「番号非通知」で掛かってくるので、そういう電話を防ぐ為には「ナンバーリクエスト」まで入らないと意味がないです。しかも、NTT「固定電話」「ひかり電話」の場合、「ナンバーディスプレイ」は基本サービスには入っておらず、別途に月額420円かかります。その上、「ナンバーリクエスト」にするには、「ナンバーディスプレイ」も必須なので、さらに月額210円かかるので、合計月額630円も必要となります。

 一方、私の使っている「ピカラ光でんわ」を含め、多くのIP電話サービスでは「ナンバーディスプレイ」までは基本料金に含まれていることを考えると、このNTTのやり方には疑問を感じます。事務用ISDN回線「ナンバーディスプレイ」に至っては、月額1,890円と信じられない程高いです。以前にも、「ひかり電話」から「ひかり電話」への電話料金が無料ではないことを書きましたが、こういうことを平気でやっているのはNTTだけじゃないでしょうか?

 いっそのこと、全ての電話で「番号非通知」廃止し、全ての事業者が「ナンバーディスプレイ」無料にすれば、電話による犯罪や迷惑電話はかなり減ると思います。そのような電話を掛ける時は、固定電話や携帯電話から掛けることはなくなるからです。また、「番号非通知」廃止によって、「ナンバーリクエスト」も必要なくなります。そうなれば、今以上に電話が安心して使えるようになるはずです。

 もちろん、問題点もあります。例えば、架空請求ハガキが届き、うっかりそこへ電話して電話番号を知られてしまうとか、直接掛けて欲しくない携帯から連絡を取ると携帯番号が知られてしまうとか考えられます。しかし、そういう場合は上でも書いたように公衆電話を使えば済むことです。そういう短所よりも、長所の方が遥かに多いと考えられる以上、「番号非通知」の廃止「ナンバーディスプレイ」の無料化は是非やって欲しいです。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005年12月28日 (水)

NTTの「ひかり電話」

 最近、やたら、テレビCMや新聞折込で宣伝している、NTT東西のIP電話サービス「ひかり電話」ですが、これって、無料通話できる相手っていないんですね。相手が同じ「ひかり電話」だった場合も有料(8.4円/3分)となっています。

 ご存知の通り、Yahoo!BBの「BBフォン」が普及したのは、親戚や友人が「BBフォン」へ入っていて、自分も入れば無料でそこへ電話かけ放題というところが受けたのが大きな要因だと思います。また、それ以外のIP電話会社も、最近では自社だけでなく他社のIP電話とも提携して無料通話できる相手を増やし、「BBフォン」に対抗していく構えを見せています。

 例えば、私が入っている「ピカラ光でんわ」も、同じ「ピカラ光でんわ」自社系列のADSL・CATVインターネット経由のIP電話へかける場合はもちろん通話料無料ですが、それ以外に、他地区の電力系IP電話や日本テレコム・KDDIのIP電話の一部(プロバイダによる)へかける場合も通話料無料となっています。

 それにひきかえ、NTT東西の「ひかり電話」無料通話できる相手がいないというのは、もしかして、NTT東西は通話料無料というのを嫌っているからなのでしょうか?フリーダイヤルもかける人は無料ですが、単に受ける人が払っているだけですから、NTT東西にとっては通話料無料ではないわけですよね。確かに、固定電話への通話料は全国一律8.4円/3分ということで安いかもしれませんが、1時間話すと168円となり馬鹿にはなりません。やはり、無料に越したことはないでしょう。

 では他の仕様を見てみましょう。まず、NTTの加入電話番号をそのままIP電話に移行できる「番号ポータビリティー」ですが、これは、私の入っている「ピカラ光でんわ」を含むいくつかのIP電話ですでにできるようになっています。別に「ひかり電話」だけではありません。

 次に「ナンバーディスプレイ」ですが、これは「ひかり電話」では月額420円の付加サービスとなっています。って、これも、別料金ですか?私の入っている「ピカラ光でんわ」を含む多くのIP電話では無料の基本サービスに入っています。

 あと、NTTのインターネット接続サービスの大きな欠点は、プロバイダ料金は別という部分です。一見してNTTのインターネット接続サービスが安いように見えても、プロバイダ料金を合計して見ると、接続・プロバイダが一緒になっている会社の方が安いことが多いです。また、契約も別途なので手続きが面倒です。

 また、何かあった時に、NTTかプロバイダのどちらへ言ったらいいのか判断が難しいです。以前さかんにやっていた、NTTのテレビCM「(プロバイダが)選べる」というのは、個人的には何のメリットも感じません。万一、NTTの接続サービスの方に問題があった場合、プロバイダを変えても無意味ですから・・・。問題があったら、接続・プロバイダを丸ごと他社に乗り換える方がいいと思います。

 こうして考えると、「ひかり電話」は他社のIP電話と比較して、何一つとしてメリットを感じないのですが、いかがなものでしょうか?確かに月額基本料金525円という部分は安いかもしれませんが、これだけで「ひかり電話」が使えるわけではなく、毎月必要なBフレッツの料金とプロバイダの料金も合計すると、結局、高いのではないでしょうか?

※ 関連記事 「NTTの信じられない話#1」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

携帯電話機種変しました

 先日よりDVD-Rメディアビデオカードなど縦長の写真をアップしてますが、これらは、この前携帯電話を買い換えまして、それで撮影したものです。

 それまで使っていた「P503i」はもう5年近く使ってきて、傷だらけにはなっていましたが、特に故障もありませんでした。ところが、その半年ほど後に父が買った「P210i」の調子が非常に悪く、最近では、日時が2099年12月31日23時59分になってしまうわ、勝手に電源きれてしまうわでもう使い物にならなくなって機種変更することになり、ついでに私のも機種変更したわけです。

 機種については、FOMAは必要性感じないし、前と同じ「P」なら充電コードもそのまま使えるということで「P506iC」にしました。とりあえず、説明書を一度も開くことなくそれなりに使えています。

 ところで、「P506iC」に入っている「iアプリ」「アプリモコンP」は、テレビのリモコン代わりに使えて便利かと思っていたのですが、起動までに数回のボタン操作が必要なことや、基本的なボタンしかないので、やっぱり、テレビのリモコンを使うことになってしまい、思ったほど便利ではありませんでした。

 他には「Go!Go!ダンジョン」というRPGが入ってますが、これは結構面白いです。毎回ダンジョンのマップがランダムに変わるという、「トルネコの大冒険」以来やたら多くなった「ローグ」タイプのRPGです。ただ、やたらアイテムが落ちていてすぐアイテムがいっぱいになり、どんどんアイテムを捨てなくてはならないのは面倒ですが・・・。

 ただ、このゲームをやっているとかなり電池の減りが早いです。今のところ、電話していたり待ち受けの時に電池のゲージが減ったことはないですが、このゲームをやっているとすぐに減ってしまいます。まぁ、延々とプレイしてしまうのをストップできるという利点でもありますが・・・。

【参考になるサイト】 Go!Go!ダンジョン@Wiki

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月13日 (土)

携帯電話メモリー管理ソフト

 私はずっと前、ぶら下げていた携帯電話が道路を横断した時落ちて、見事車に轢かれてしまったことがあります。また、その後、父が釣りに持っていった携帯電話を海水に落としてしまいすぐに拾ったのですが、塩分による錆でダメになってしまったこともあります。

 そんなことが重なったので、その後携帯電話メモリー管理ソフトを購入しました。ところが、ソフトを買ってからは、携帯の破損や水につけたりの事故は1度も発生しておりません。ま~、ありがちな話ですが・・・^^;

 そのソフトを買った時は、携帯との接続ケーブルは1種類しか付いていなかったのですが、最近は、乗り換えも考慮に入れると数種類の接続ケーブルが必要です。また、ソフトでできることも格段に増えていてなかなか楽しそうです。

 ということで、今回、安かったこともあり、SOURCENEXT「携快電話12」全キャリア対応USBコード付きというやつを購入してみました。ここのソフト、高性能な割りに値段が安いのが数多くあり、とてもいいですね。

 ただ、使っている携帯がカメラもついていない「P503i」なので、ソフトに含まれている機能のかなりの部分が生かせないのが悲しいです。まぁ、そのうち携帯も買い換えようとは思っているんですが・・・^^;

 ところで、8月12日~16日に、ソースネクスト・ドットコム10万円以下のお買い物をすると、なんと100人に1人無料になるそうです。しまった、もうちょっと待ってこの期間中に買えばよかった・・・orz

携快電話(468×60)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月26日 (木)

四国アステルPHS終了

 いよいよ本日、四国でのアステルPHSサービスが終了しました。思い起こせば、最初、家ではコードレスの子機、外ではPHSとして使用できる電話機ということで使い始め、昨年夏までは3台のアステルPHSを使っていました。

 一昨年ごろは、当時高松にいた妹夫婦に1台を持たせ、高知より5円コールで話すことによりNTT固定電話より安い通話料で使っていました。高松のその地域が感度が悪くて時々切れることもありましたが・・・。

 また、外からの32kbpsデータ通信にも使っていました。携帯電話でのデータ通信よりも高速で安かったのが魅力でした。ただ、これも建物の中とかだと感度の問題が出たりはしましたが・・・。

 そうこうしているうちに、3台のうち1台が壊れてしまい、機種変更しようか1台解約しようか迷っていた時に、昨年夏に新規加入受付終了のお知らせが来て、もう先は長くないということを知ったのでこの機会に3台全部解約しました。

 四国のアステルPHSは、5円コール以外にもねっとほーだいというデータ通信サービスが定額になるサービスなど、当時としては画期的なサービスをやっていて、個人的にはPHSのうちで1番好きだったのですが、なくなってしまうのはとても残念です。

 NTTのPHSも新規加入受付を4月末で中止したのでこちらも先は長くなさそうです。DDIポケットウィルコムと社名を変更し、まだまだ元気そうですが、いつまで続くのやら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)