2007年3月 4日 (日)

「番号非通知」と「ナンバーディスプレイ」の矛盾

 以前から思うんですが、「番号非通知」「ナンバーディスプレイ」って、なんか矛盾していないですか?

 だいたい、電話というものは1対1の通信手段なのに、「番号非通知」で、掛けた側の匿名性だけを一方的に守ろうとすることがおかしいと思います。電話番号を知られたくなければ公衆電話から掛ければいいだろうし、それが面倒なら、堂々と「番号通知」して掛けるべきじゃないでしょうか?しかも、「番号非通知」が絶対必要な電話というのは、「振り込め詐欺」「脅迫」などの犯罪や、「いたずら電話」「電話勧誘」などの迷惑電話ぐらいしか思いつきません。

 また、「ナンバーディスプレイ」に入ったとしても、本当に番号を知りたい類の電話は必ず「番号非通知」で掛かってくるので、そういう電話を防ぐ為には「ナンバーリクエスト」まで入らないと意味がないです。しかも、NTT「固定電話」「ひかり電話」の場合、「ナンバーディスプレイ」は基本サービスには入っておらず、別途に月額420円かかります。その上、「ナンバーリクエスト」にするには、「ナンバーディスプレイ」も必須なので、さらに月額210円かかるので、合計月額630円も必要となります。

 一方、私の使っている「ピカラ光でんわ」を含め、多くのIP電話サービスでは「ナンバーディスプレイ」までは基本料金に含まれていることを考えると、このNTTのやり方には疑問を感じます。事務用ISDN回線「ナンバーディスプレイ」に至っては、月額1,890円と信じられない程高いです。以前にも、「ひかり電話」から「ひかり電話」への電話料金が無料ではないことを書きましたが、こういうことを平気でやっているのはNTTだけじゃないでしょうか?

 いっそのこと、全ての電話で「番号非通知」廃止し、全ての事業者が「ナンバーディスプレイ」無料にすれば、電話による犯罪や迷惑電話はかなり減ると思います。そのような電話を掛ける時は、固定電話や携帯電話から掛けることはなくなるからです。また、「番号非通知」廃止によって、「ナンバーリクエスト」も必要なくなります。そうなれば、今以上に電話が安心して使えるようになるはずです。

 もちろん、問題点もあります。例えば、架空請求ハガキが届き、うっかりそこへ電話して電話番号を知られてしまうとか、直接掛けて欲しくない携帯から連絡を取ると携帯番号が知られてしまうとか考えられます。しかし、そういう場合は上でも書いたように公衆電話を使えば済むことです。そういう短所よりも、長所の方が遥かに多いと考えられる以上、「番号非通知」の廃止「ナンバーディスプレイ」の無料化は是非やって欲しいです。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年5月 3日 (水)

架空請求久々にきた~

 うちの父宛に架空請求のハガキが久々に来ました。今までにも何度か来ていたのですが、今回のハガキは次の2点が今までとは違っていました。

  1. 料金別納郵便であること
  2. 連絡先電話番号が携帯電話でなく固定電話であること

 一応、架空請求に間違いないとは思いましたが、念のためにハガキに書いてある社名で google 検索してみると、「架空請求データベース」をはじめとして 3,000 件ほどヒット。やはり、架空請求に間違いないですので内容を転載します。

        消費料金未納分最終通告書

            分類コード 847593

 この度、通知しましたのは、貴方の未納されました民法指定消
費料金について契約会社、ないしは運営会社から民事訴訟として
訴訟の提出されました事をご通知します。以降、下に設けられた
裁判取り下げ最終期日を経て訴訟を開始させて頂きます。
このままご連絡なき場合には、原告側の主張が全面的に受理され
裁判日の処置として給与の差し押さえ及び、動産物、不動産物の
差し押さえを執行官立会いのものと強制的に履行させて頂きます
ので裁判所執行官による「執行証書」の交付を承諾して頂きます
ようお願いすると同時に、債権譲渡証明書を一通郵送させて頂き
ますので、ご了承下さい。民事訴訟及び、裁判取り下げなどのご
相談に関しましては当局にて受け賜っておりますのでお問い合
わせ下さい。尚、書面での通達となりますので、プライバシー保
護の為、ご本人様からのご連絡を頂きますようお願い申し上げま
す。以上をもちまして、最終通達とさせて頂きます。

※最近架空請求業者の新しい手口として小額訴訟手続き<小額訴訟
は一日で判決が出てしまうため、放置してしまうと欠席裁判となり
原告側の言い分どおりの判決が出される>を利用し、実際に訴訟を
提起する事例もございます。

  万が一身に覚えのない場合、早急にご連絡下さい。
================================================

 裁判取り下げ最終期日  本書到達後三営業日以内

 〒171-0022  東京都豊島区南池袋2-8-17

 03-3590-○○○○  (9:00~20:00)

                総合消費通達執行センター

 正直言って、私も文章を書くのが得意な方ではありませんが、これは、それ以上にひどい文章ですね。「この度、通知しましたのは、・・・ご通知します」はおかしいし、「このまま・・・」の文章はなにやら念仏のようにだらだら長すぎますね。「執行官立会いのもと」も原文のままです。

 「※」以下の文章は、どこかのサイトで聞いた事例のパクリですが、これって、自分が架空請求業者で小額訴訟手続きをするかもしれないぞと脅しているのでしょうか?それとも、「契約会社、ないしは運営会社」が架空請求業者かもしれないぞと脅しているのでしょうか?いずれにせよ、架空請求じゃなければこんなことは書かないはずですね。

 なお、これを見てかける人がいたらまずいので電話番号の下4桁は伏せさせていただきましたが「架空請求データベース」で検索すると電話番号は判ります。そちらの情報によると、この電話は携帯電話に転送になっていて、番号非通知では相手は出ないということです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月22日 (日)

迷惑メールをぶっつぶせ!に削除要請

 以前、「spamメール発信元」という記事でお世話になり、リンクもはらせていただいているyasuzouさん「迷惑メールをぶっつぶせ!」削除要請が届いているそうです。

※ この記事は当初書いたものと異なる中身に入れ替えました。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年9月 7日 (水)

フリーメールの恐怖

 インターネットの接続環境は、アナログ回線⇒ISDN⇒ADSL/ケーブルインターネットと変わってきて、最近ではFTTH(光ファイバー)も安くなり普及率もどんどん上がってきています。ところが、こうして環境が変わると、プロバイダを変えた場合は当然ですが、同じプロバイダの場合でもメールアドレスが変わってしまうことがあります。
 この、メールアドレスが変わると面倒だからといった理由で、インターネット環境の変更に二の足を踏んでしまう方も多いと思います。そういうことを避けるため、私は、かなり前から某フリーメールを利用しています。広告メールを受信しさえすれば、無料で利用できるというものです。

 取得したフリーメールは、@より前がアルファベット3文字でとても覚えやすく、すでに取られているだろうなと思っていたのに取れたのでこちらも驚きました。実は、このことが、ある可能性を示すものであったことが後になって判るのですが・・・。
 フリーメールを取得しても、仕事関係の知人にしか教えなかったので、数週間は仕事関連のメールと無料で使う条件の広告メールしか来ませんでした。ところが、その後、妙なメールマガジンが届きました。その内容は大体次のようなものでした。

<メールアドレス> 様
準備に大変時間がかかってしまい、大変お待たせ致しました
会員の皆様にメールマガジン第1号を送らせていただきます

 別段問題ないですね、少なくともここまでは・・・。その後、聞いたことのないタイトルの映画紹介があって、その中に「美少年」という言葉が多く出てきます。ん、「美少年」って清酒の?じゃないみたいですから、美しい少年のことですよね、やっぱり。メールマガジンの続きと、最後に出ていたサイトに行ってみてはっきりしました。そこはホモ・ゲイ向けの情報サイトだったのです。
 どうやら、状況が判ってきました。以前にそのメールアドレスを誰かが使っていて、その人がこのサイト会員登録していたようです。別に人の趣味ですからそれはいいんですけど、このメールマガジンは止めていただきたいと思いメールを送りました。要点は次の3点です。

  • このメールアドレスで会員登録した人は、すでにこのメールアドレスを使っていない
  • 私はそういう趣味はないので、メールマガジンで精神的な苦痛を受けている
  • 直ちに会員登録を抹消し、メールマガジンの送付を止めて欲しい

 ところが、前回のメールから1週間後メールマガジン第2号が届きました。まぁ、今回は間に合わなかったのかなと思い、ちょっと文章を強めに修正して、再度メールを送りました。それでも、1週間毎メールマガジンは届き、第4号が届いた時点で、次のような半分脅迫っぽいメールを送りました。

何度かメールを送らせていただきましたが、改善の見込みがなさそうなので、今後は次のような方法をもって抗議とさせていただきます。
1.次回メールマガジンが届けば、改善要求メールを2通送ります
2.その次以降まだ来るようなら、4通・8通・・・と、前回の倍の数の改善要求メールを送ります
3.そのメールが原因で、メールボックスがパンクしても責任は負えません
4.上記メールにて改善の見通しが立たなければ、そちらのサイトの掲示板上に抗議の文章を書き込みます

 まぁ、4番は脅しの意味で書いたので、こう書けばそこまでいかないだろうとは思っていましたが、案の定、数日後謝罪のメールが来て、次の週からメールマガジンは来なくなりました。

 ところが、これで終わりではありませんでした。その何ヶ月か後、また別の差出人から妙なメールが届きました。今度は、メールマガジンではなくお知らせメールでした。これも、実物のメールは残っていませんので正確な内容は覚えていませんが、本名付きで大体次のようなものでした。

<姓> 様
あなたの未使用の<???>ポイントの有効期限が近づいています
有効期限を過ぎるとポイントが無効になってしまいます
お早目のご利用をお待ちしております

 今度は、サイトのURLを書いてなかったのですが、メールのタイトルに書いてあったサービス名と、差出人メールアドレスから検索すると、サイトのURLはすぐに判りました。行ってみると出会いサイトでした。システム案内とか見ると、男性が女性にメールを出したりする際にポイントが必要で、ポイントお金で購入するということでした。
 もちろん、こちらにも、その<姓>という人はこのメールアドレスを使っていないことと、会員解除をお願いするメールを送りました。「ポイントが無効になりますが、本当にいいですか?」との返事に、ちょっと考えてしまいましたが、綺麗さっぱり消して貰いました。

 それにしても、何ですか、以前このメールアドレスを使っていた人は、ホモ・ゲイの趣味があって、しかも、女性とも付き合うっていう所謂両刀使いってやつですか?^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月30日 (火)

久々のトラックバックと思ったら

 昨日の記事に対して久々のトラックバックがついたと思ったら、トラックバックspamでした。以前も、ちょっとこれはというトラックバックがあったのですが、記事に関係はあったので削除しませんでした。ところが、今回のは、チェックしてみると、記事の内容と完全に関係がなかったので即刻削除しました。しかも、内容はエロエロブログでした^^;

 考えてみると、トラックバックって要するに相手の記事から自分の記事へ読者を誘導する手段なわけですよね?今回のようなトラックバックspamはそれだけが目的なので完全な悪といえるでしょうが、通常のトラックバックもそういう目的が少なからずあるわけです。

 そういうことを考えるようになってから、余り自分から能動的にトラックバックを送ることはしなくなりました。ただし、他のブログからトラックバックが来た場合は問答無用で返すという、トラックバック鸚鵡返し作戦は実施していますが・・・。

 このトラックバックというもの、ブログ管理者の許可がなくても、勝手に登録ができてしまう仕様がそもそもおかしいと思いませんか?まぁ、嫌ならトラックバックを受け付けない設定にすればいいわけですが、それだと、妙に冷たい感じがするし、もし、自分からトラックバックを送ることがあるのなら、他からのトラックバックは受けないというのはワガママですね。

 というわけで、色々と書きましたが、私はトラックバックを歓迎します。ただし、常識的に考えてspamではないことと、「トラックバックを返せる」か「コメントの書き込みができる」のいずれかを満たす記事に限らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月30日 (木)

このメアドにも迷惑メールが

 今までは、他のサイトでメールの送り先として公開しているメアド無料メアドにしか迷惑メールが来なかったのですが、ついに、このココログでプロフィールとして出しているメアドにも来るようになってしまいました。

 一応、ココログでは、メアドの部分のHTMLソースが多少は判りにくいようにしているようですが、やはり、この程度だとロボットに取得されてしまうということでしょう。まぁ、POPFileがゴミ箱に入れてくれるからいいか・・・。

 そういえば、ウイルスメールあの後1通も来ていません。めでたしめでたし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月26日 (日)

迷惑FAX何とかならないかな

 迷惑メールに関しては、POPFileを使うことによってゴミ箱に直行させることができましたが、迷惑FAXは何とかならないものでしょうかね。迷惑FAXの紙の山から必要なFAXを探し出すのってとても疲れます。この前も出欠確認のFAXを見逃してしまい、送ってくださった方に、大変失礼なことをしてしまいました。

 また、迷惑電話だったらすぐに切れるし、こちらに料金はかからないからまだ許せるけど、迷惑FAXはこちらの紙を使っているのが許せんです。しかも、うちは感熱紙だからまだいいけど、最近は普通紙FAXが主流で、これだと、紙だけでなくフィルム(またはインク)も消費してしまい、コストはさらに高くつきますね。

 やはり、パソコンを使ってFAXモデム経由でFAXを受信し、印刷が必要なデータだけをプリンタで印刷するというのがいいのかな?でも、パソコンをFAX受信のために常時起動するとなるとまた電気代がかかるしなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月22日 (水)

新手口のスパム(迷惑)メール

 今日、ふと、スパムメールが直行するゴミ箱を見たら、今までと違う気になるタイトルのメールがありました。「サイトを潰して下さい。」って、なんじゃこら・・・。

標的のサイトのURLはhttp://sealovers.net/1021です!!
はじめまして皆さん。私はこの出会い系サイトの会社でアルバイトを始め半年、最初の3ヶ月はネカマをやって
いてお客からの返信もかなり多く優秀だったがネカマ部署の上司と意見がぶつかり現在はスパムメールを
送信する部署に移動させられスパムメールを一日に何万件も送信しています。このメールもスパムメールに
なるのかな?勿論なるよね。私の事はこのぐらいにして本題に入ります。部署を移動させられた恨みと
して当社の一番売り上げがある出会い系サイトを潰して欲しいのです。皆さんには得な話であり会社は原因不明で
泣くしかない作戦をこれからお伝えします。
1.性別・地域・ニックネーム・メールアドレス・パスワードを入力し送信。2.折返しメールが届きログインのリンク
からログインページへ進み先ほど登録したパスワードを入力してログインする。3.プロフィールと掲示板の書き込み
コーナーへ進むのでサクッと書き込みし会員メニューへ。
4.トップページにも書いてある5000円分ポイントサービスは番号認証すると無料500ポイントが利用できるシステムに
なっている(何度も無料ポイントで遊ばれる事を防止する為の番号認証なので安心して下さい)5.これで皆さんは得する、
会社は泣く作戦の準備が整いました。6.これからが重要です。
まず貴方が登録したプロフィールを見て必ずネカマが攻撃してきます。
ニックネームの前にドットが付いていない物は全てネカマでドットが付いている物は全てフリーなのでニックネームの前にドットが付いて
いる物のみを皆さん相手にして下さい。プロフィール一覧でニックネームを確認してみてください。必ずドットが付いて無いニックネームと
ドットが付いているニックネームがあるはずです。絶対にニックネームの前にドットが無い物は相手にしないで下さいね!せっかくの無料ポイントを
ネカマに減算させては作戦は失敗なので!後は皆さんフリーとお楽しみ下さい。どうせフリ-は一日12-15人しかいないしね!!勿論、ネカマで無いので会える確立は間違えなく高いはずですし
やり取りを続けて損は絶対に無いはずです。今日から登録は増えてやり取りはあるがネカマに対しての返信が
一切なく上司が慌てる顔が浮かびます。ハァハァハァ!
標的のサイトのURLは
http://sealovers.net/1021です。
それでは皆さん作戦を開始して下さい。宜しくお願いします。

 このメールは、サイトに登録させるための手口であることはほぼ間違いないですが、念のために「サイトを潰して下さい」をgoogleで検索し、同じメールを多数の人が受け取っていることと、他の方への送信に使用されたプロバイダがうちに来たもの(pl***.nas***.o-tokyo.nttpc.ne.jp)と違っていることを確認しました。

 もし、本当に単独犯が恨みで送ったメールだとすれば、複数のプロバイダ経由で送ってくることはないはずですよね。ていうか、この方法で本当に会社が被害を受けるなら、自分でどんどん架空加入してどんどん利用すればいいと思います。それか、スパムメールを警察関係にでも大量に送ってあげるのが簡単かもね・・・^^;

 それにしても、いろいろと考えてきますね。そのアイデアをもっと別な方面に活かしたらいいのに・・・。

※このメールはスパムメールであることは間違いないし、他でも散々書かれているので、サイトのURLを公開しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土)

やっとウイルスメール止まったか?

 ウイルスメールですが、15日の10時台に2通来たのが最後で、その後は来ていません。以前から土日には来ないので、それを除いても16日と17日の2日続けて来なかったことになります。

 これまでのログを見ると1日来なかった日はあっても、2日続けて来なかった日はなかったので、ようやく止まったっぽいです。

 これで、月曜日に来なかったらほぼ間違いなく止まったとみていいと思います。めでたしめでたし・・・^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 9日 (木)

ウイルスメール調査依頼2通目

 結局まだウイルスメールが止まらないので、2通目の調査依頼を送りました。ウイルスメールは土日には来ないことと、朝10時ごろが来るのが圧倒的に多いことから、会社で使っているパソコンが感染しているのではないかと思います。

 それにしても、そろそろ気づいて欲しいなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)