2005年9月15日 (木)

激安法人向サーバー

 最近は、1からパーツを集めてパソコンを自作するよりも、法人向けサーバーのOSなしを購入した方がずっと安いですよね。特にLinuxをインストールするのなら、OSは不要ですし。

 ただ、このようなモデルはOS付にすると、サーバーという性格上、選べるOSはWindowsServer2003Red Hat Enterprise Linuxとなり、途端に高価なものになってしまいます。また、自分でインストールする場合、他のディストリビューションのLinuxWindowsXPメーカー動作保証外なので、自己責任ということになりますね。

 このような安い法人向けサーバーで、一部の人の間でかなり人気があったデル「PowerEdge SC420」の次期製品「PowerEdge SC430」が出ています。新モデルは、CPUを最も安価なCeleronにした場合でもCeleron D 326(2.53GHz)となり、これも含め全機種が「EM64T対応」となっています。

 念のために書いておくと、「EM64T対応」とは簡単に言うと、64ビットOSの動作が可能ということです。つまり、WindowsXPの64ビット版Linuxの64ビット版の動作が可能ということになります。ただし、何度も言いますがメーカー動作保証はありませんが・・・。

 なお、ハード的にはサーバーということで、メモリはECC対応で良いのですが、ビデオ機能は貧弱(VRAMは16MB)だし、サウンド機能は付いていません。もちろん、Webサーバーファイルサーバーとしてのみ使用するなら、これで充分ですが、マルチメディア機能を持たせるとすれば不充分です。

 後付けする場合、サウンドカード32ビットPCIバスにつければいいので簡単ですが、ビデオカードの方はちょっと手間がかかります。というのは、前機種同様、PCI Expressバスが一般的なx16とは形状が異なるx8という特殊仕様だからです。そのため、x16のビデオカードを使う場合、バスに挿入できるように削る工作が必要になるのですが、詳細は他のサイトに出ています。(手抜きだ^^;)

 なお、デルは、よく期間限定・台数限定で、オンライン広告限定の法人向けキャンペーンを行っていることがあり、期間中はさらにお得なパッケージとなっております。現在、キャンペーンが行われているかどうかはぜひ下のリンクよりご確認ください。はっきり言って、この仕様とこの価格で自作することは困難です!(法人向けなので個人でのご注文はできません)

【SOHO法人様向け】デル・オンライン広告限定ページ(エンタープライズ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

Firefoxいいですね

 最近、ある目的で、KNOPPIX4.0のDVD-Rから起動したディスクレスパソコンインターネットを閲覧しています。KNOPPIXとはHDDを汚すことなく、または、HDDがなくてもDVD-Rに焼いたシステムから起動するだけで動作するLinuxの1種です。KNOPPIX無料ですが、同様なシステムにlivedoorが買収したLinspire(以前のLindows)があり、こちらは有料です。
 この、KNOPPIX4.0に付属のブラウザには、KonquerorFirefoxの2つがありますが、使い勝手は断然Firefoxがいいと思います。Firefoxは最近流行のタブブラウザですが、噂によるとIE(InternetExplorer)の次期バージョンもタブブラウザになるそうですね。
 タブブラウザでは、同じウインドウ内にタブを作り複数のページを切り替えて見ることができます。ただし、タブとして開いた場合は、1つのウィンドウ内で同時に複数のページを見ることはできませんが、その場合は、IEのように別ウィンドウとして開くということもできます。リンクを右クリックすれば、新しいウィンドウとして開くか、新しいタブとして開くか選べます。
 さらに、IEのように開きまくったウィンドウを最後に1つづつ閉じなくても、ウィンドウ内に開いた多くのタブを一括して閉じることができます。もちろん、タブ毎に閉じることもできます。
 使ってみると、このタブ機能がついただけで、かなり使いやすく思えましたので、KNOPPIXだけでなく、WindowsマシンにもFirefoxをインストールしてしまいました。Windows用Firefoxはインストール後の初回起動時に、IEお気に入り・履歴はもちろん、パスワード・クッキー・入力フォームまでインポートしてくれますので導入は実に簡単です。
 私がIEを使っていて一番腹が立つのは、リンクだと思ってjavascriptを右クリックして新しいウィンドウで開こうとするとエラーが出る点ですが、Firefoxでは右クリックした時点でメニューが違うのですぐ判ります。また、フレーム内のリンクを新しいタブ/ウィンドウに開いたり、フレーム毎のソースも右クリックメニューより簡単に表示でき、しかも、ソース表示も実に見やすいです。
 URLを少し打つと補完してくれる機能はIEにもありますが、Firefoxではページタイトルも表示されるので非常に探しやすいです。それから、IEの変な癖である、新しいウィンドウを開く時にサイズがおかしい点ですが、Firefoxでは常に画面最大表示という点が気持ちいいです。
 他にも多くの良い点があるのですが、きりがないのでこれくらいにしますが、とにかく、IEより使い易いという点は間違いないと思います。ただし困ったことに、一部のサイトにFirefoxで入ろうとすると「Netscapeでは利用できません」とかいう間違った検出をされ、入れないサイトがたまにあります。そういうサイトはちょっと何とかしてほしいですが・・・。

 なお、この記事はFirefoxで書きました

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

ワットチェッカーで測定#2

 さて、それでは、今度はデスクトップパソコン(通称FF11マシン)の測定結果です。デスクトップパソコンでは、モニタは別から電源を取り、パソコン本体のみで測定しました。

 このマシンはファイナルファンタジーXIのWindows版のプレイを主な目的として組み立てた自作機で、CPUはPentium4-2.4GHz(HT対応)、ビデオチップはGeForce4 Ti4200のマシンです。

 まずは、WindowsXPを起動して安定した状態で測定しました。約100Wちょっとでした。もうこれだけで、ノート(液晶付)の何台分に相当するでしょうか^^;

 次は、HDDを動作させるため、ディスクのチェックを行ってみました。すると、最大約135Wぐらいまで上がりました。

 HDDにアクセスすると消費電力が上がりますが、HDDに連続してアクセスしているとまた下がります。アクセスしては止まりという断続アクセスが最も消費電力が上がることがわかりました。

 最後に、HDDとグラフィックをフル稼動させた時の消費電力のテストをしました。使ったのはご存知(?)「FINAL FANTASY XI for Windows オフィシャルベンチマークソフト3」です。

 このソフトをハイレゾ設定でベンチマークをループさせてみましたが、動かしている間、ずっとコンスタントに約150Wをキープしていました。やはり、グラフィックも消費電力に関係していたってことですね。

 というわけで、測定する前は、300Wぐらいいくかと思っていたので、予想していたよりはかなり低い結果となりました。まぁ、ノートと比較したら数倍違うのですが・・・。

 いや、そうなると電気喰いまくりの犯人は、一体どのパソコンなんだろう。いや、もしかして、パソコンじゃないのかもしれない。1つだけ確かなのは、「犯人はこの(家の)中にいる!」ってことですね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

ワットチェッカーで測定#1

 先日のこの記事で書いた「ワットチェッカー」で、まずは、現在Linuxサーバーとして使用している、IBMのThinkPadの消費電力を測定してみました。

 ただし、このThinkPadは、電気代節約の為に、AC電源時でも省エネ(低速)モードになるようにBIOSで設定しています。

 まずは、サーバーが動作している状態でフタを閉じて測定してみました。結果は、約8Wでした。本当にそんなもんかというぐらいの消費電力ですね。

 次は、フタを空けて、キーを押して液晶が表示された状態で測定してみました。結果は、約13Wでした。日本語モードに切り替えてみても、やはり同じでした。

 液晶は画面真っ黒でも真っ白でもバックライトは点灯しているので消費電力は変化ないわけですが、それがたったの5Wということになります。

 さて、ここまでは、ハードディスクが動作していない時の消費電力ですが、ハードディスクが動作するとどうなるのでしょう。試しに、フタを閉じた状態(約8W)でサイトにアクセスしてカリカリ動作させてみました。すると、消費電力は最大約21Wまで跳ね上がりました。

 ということで、予想を遥かに超えるほど凄まじい省エネ状態になっていることがわかりました。ちょっと、デスクトップパソコン(特にFFXIやってたマシン)の消費電力を測定するのが怖くなってしまいましたが、また今度測定してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

ppBlogをインストールしてみました

 PHPのみ(データベースなし)で動作するブログツール「ppBlog」をインストールしてみました。このブログツールも前回インストールした「PPBLOG」と同様、最初から、トラックバック送受信機能・更新ping送信機能などが入っていてなかなかよさそうです。

 というわけで、例によって、この記事とppBlog上の記事で、相互トラックバックのテストをしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月10日 (水)

自宅サーバーのURL

 この間から立ち上げている、自宅サーバーから発信しているサイトの URL を公開します。公開して後悔したりして・・・^^; いや、それよりも、見に行ったら何もないので後悔間違いなし?orz

http://yas1.com/

 一応、頭に www をつけてもアクセスできますが、つけないのが正式ということでお願いします。また、各コンテンツはサブドメインにしてみました。サブドメインが増える度に Apache の設定を変えるのも面倒なので、よくわからないまま、mod_rewrite を使ってみました。

 トップからリンクしている XOOPSNucleus 以外の CMS・ブログツールについても、いろいろとインストールしてみたりしていますが、何故か正常に動かないことが多く困っています。なお、ツールは先日書いた条件のものを選ぶことにしていますので、ブログツールの定番 Movable Type はインストールしないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

安いノートパソコン(補足)

 書き忘れましたが「マウスコンピュータ」ノートが6万程度というのは、OSなしの場合です。今回、サーバーとして使っているLinuxマシンをノートと入れ換えて使用したかったので、OSなしモデルでいいというわけですね。

 ただ、この場合、保証が受けられなくなる恐れがありますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

安いノートパソコン

 電気代節約のために24時間稼動のパソコンをノートに変えようと思って、安いノートパソコンを色々と調べていました。新品を買うか、それとも、中古を買うか・・・。

 大手メーカーが企業向けとして出しているノートには、新品で10万以下もいくつかありますが、やはり安くても8万程度しますので予算的にかなりきつい。そんな中で、6万程度のノートがありました。激安で知られる「マウスコンピュータ」のノートです。新品にするのならこれだな・・・。

 今度は、中古ノートを探してみました。某価格比較サイトに出ているやつは確かに安いけど、あっという間に安い分は全部売切れになってしまうので余り参考になりません。いろいろと見て回った結果、「デジタルドラゴン」という中古パソコン専門店が、在庫も多くサービス面でしっかりしていると感じました。

 その「デジタルドラゴン」の中古パソコンの中で、価格・CPU・メモリ・HDDの4点から検討してよさそうだと思ったのが下記の商品です。む~、中古ノートにするのならこれに決まりかな・・・。

Satellite4260P45/3L(256MB)【中古PCのデジタルドラゴン】

 とかなんとか、長い間悩んでいたら、ひょんなことからノートパソコンの中古を知り合いから譲ってもらえることになりました。わ~い、自分の決断の遅さに感謝せねば・・・^^;

 というわけで、今度は、そのノート用のメモリと予備の2.5インチHDDを買うかどうか悩んでいます。また、長い間悩んでいたら、誰か譲ってくれるとか・・・は流石にないか。

メモリ 2.5インチHDD(ハードディスク)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 1日 (月)

自宅サーバー用 blog ツール

 折角、自宅サーバーを構築したからには blog もできるようにしたいというわけで、blog ツールをいろいろと調べまくっています。これがまた、検索すればするほどいろいろと出てきます・・・。まずは、選択の基準として、次のような条件を設けてみました。

  1. 日本語が使用できる
  2. トラックバックの送受信ができる
  3. 商利用の場合でも無料で利用できる(将来、商利用するかもしれないので)
  4. 動作が安定している
  5. ある程度の利用者がいる

 これでも、まだまだ候補が多すぎです。そこで、いくつかを絞ってインストールして使ってみてからどれを使うか決めることにしました。でも、いくつかを絞ることも大変だったり^^;

 とりあえず、比較するのに参考になりそうなサイト・・・

http://blogofthe.s57.xrea.com/index.php?itemid=81

http://blogofthe.s57.xrea.com/index.php?itemid=89

http://artifact-jp.com/weblog/server.html

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0407/01/news002.html

http://elf.no-ip.org/wiki/?PHP%2FApp#content_1_4

http://www.sandeinc.com/~eguchi/diary/20050715.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月10日 (日)

ノートパソコンで Fedora Core 4

 一度、デスクトップパソコンに Fedora Core 4 をインストールしてみて、目的のPerlモジュールを使ったCGIが動作することを確認しましたが、やはり、電気代の問題からノートパソコンにインストールし直すことにしました。

 ところが、使うのは、フロッピードライブもないしCD-ROMからブートすることもできないという古いB5ノートなので、どうやってインストールしようか悩みました。

 結局、2.5インチHDD(5GBでした)を取り出して、3.5インチの端子へ変換してデスクトップパソコンでインストールしました。そのHDDには、Win98SEが入っていたのですが、そのままインストール作業を行うとなぜかエラーで中断するので、一旦HDDを消去してからやるとうまくいきました。

 そして、インストールが終わり、再起動の際にノートへ戻しました。動作するかちょっと不安だったのですが、何の問題もなく起動しました。あとは、前回やった作業を再度やる必要があるわけですが、やはり、2度目は結構やり方を覚えていてスムーズに作業ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧